ニュース

晴海通り沿いのガソリンスタンド「ENEOS 豊洲SS」(松田商店)が閉店へ

利用客の多かった豊洲4丁目の晴海通り沿いにあるフルサービス式ガソリンスタンド「ENEOS 豊洲SS」が2017年12月30日(土)をもって閉店しました。

運営していた株式会社松田商店さんは閉店理由をこう記しています。

“設備の老朽化、諸般の事情により、平成29年12月30日をもちまして閉店いたす事となりました。苦渋の選択となりましたが何卒ご理解賜ります様お願い申し上げます。”

 

(※店頭の貼り紙より。敷地外から望遠レンズで撮影)

 

【ENEOS 豊洲SS(松田商店)の場所】

 

松田商店はこの豊洲で昭和35年(1960年)6月に開業し、57年間営業してきました。これまで多くの自動車やバス、トラックがここで給油したり、ボディをピカピカに磨いてもらったりしたことでしょう。ただ、慣れた仕事とは言えやはり肉体労働ですから、続けてきた従業員さんも大変だったのではないでしょうか。

閉店の理由にある諸般の事情とは“人手不足”とのお話を周囲の方から伺いました。新しいスタッフが入らないとなれば、店を回すことができません。松田商店に限らず豊洲の多くのお店では採用に困っていて、店前を通るとアルバイト募集の貼り紙をよく目にします。全国的にもアルバイトや社員の数が足りず、人手不足は深刻な社会問題になっていますよね。

よく給油や洗車している場面を見かけましたし、松田商店はきっとガソリンスタンドの売上としては決して閉店するような状況ではなかったのだと思いますが、“設備の老朽化”と“人手不足”が重なり、閉店は本当に苦渋の決断だったことでしょう。

非常に残念なニュースではありますが、松田商店のみなさん本当にお疲れ様でした。今後はまた違った形でのご活躍をお祈りしております。

 

 

また、ガソリンスタンドがなくなって困る方々のために豊洲周辺のガソリンスタンドを調べてみました。

豊洲には2016年11月に豊洲市場前にオープンした「ENEOS 宇佐美 豊洲市場SS」があるほか、有明の24時間営業店「昭和シェル石油 セルフ有明SS」、東雲駅付近の24時間営業店「ENEOS 357号湾岸有明SS」、枝川地区の「ENEOS Dr.Drive セルフ枝川店」、塩浜地区の「ENEOS 塩浜SS」があります。

  • ENEOS 宇佐美 豊洲市場SS
  • 昭和シェル石油 セルフ有明SS
  • ENEOS 357号湾岸有明SS
  • ENEOS Dr.Drive セルフ枝川店
  • ENEOS 塩浜SS