ニュース

東雲にもあるコンビニ「コミュニティ・ストア」が事業撤退、閉店へ

国分グローサリーズチェーンはコンビニ「コミュニティ・ストア」の全事業から撤退すると発表しました。2021年11月末までに閉店し、2022年4月をもって会社を清算します。

コミュニティ・ストアと聞いても、あまりピンとこないかもしれません。

ただ、東雲駅にあるコンビニといえばわかる方も多いのではないでしょうか。

東雲駅で人々を支えてきたコミュニティ・ストア

2020年12月末現在、コミュニティ・ストアの店舗数は489店。江東区には、東陽町、新砂、東雲の3店舗があります(公式サイトで検索可能な店舗に限る)。

なかでも東雲の「コミュニティ・ストア ぬ利彦東雲店」は、りんかい線・東雲駅改札前の好立地。

特に東雲在住の方や周辺の倉庫・運輸関係で働く方はよく利用しているのではないでしょうか。

入り口はなんと3ヵ所。北側、南側、改札側にドアがあり、人通りのあるすべての方向から出入りできる設計になっています。

店内はけっこう広く、お弁当やお惣菜、お菓子や日用品、ATMなど、他の大手コンビニとそう変わりはありません。

ただ、閉店時間が早いため利用しづらいといった声も少なくなかったようです(通常時の平日は22時まで、土日祝日は20時まで)。

店舗によっては、店内料理やカフェも展開しているようです。

江戸時代創業の“ぬ利彦”が手掛ける東雲店

コミュニティ・ストアはフランチャイズではなく、ボランタリーチェーン形式で店舗を展開するコンビニです。店舗で本部を形成し、仕入れなどをする形式。

全事業の撤退を発表した国分グローサリーズチェーンは、この本部事業を担っていました。

東雲の店舗は株式会社ぬ利彦が運営。江戸時代(享保2年)に創業し、300年以上続く老舗企業です。

ぬ利彦は酒類・食品卸、マーケティング、不動産賃貸を主力事業としながら、コンビニ事業はこの東雲の1店舗のみ手掛けています。

本部である国分グローサリーチェーンが事業撤退を発表したことにより、ぬ利彦東雲店は遅くとも11月末までには閉店となります。

消費者側としては非常に困ってしまいますよね。ただし、駅前の好立地ですし今後は別のコンビニが入る可能性もゼロではないでしょう。

【コミュニティ・ストア ぬ利彦 東雲店】
■営業時間:月〜金6:00〜22:00/土日祝6:00〜20:00
※時短営業中の閉店時間は平日20:00/土日祝18:00
■店休日:なし
■TEL:03-3529-2002
■住所:東京都江東区東雲2-8-10 臨海副都心線東雲駅(MAP

開店/閉店情報はこちら

いいね!で最新情報Get

関連記事