生活

豊洲「魚や かとう」、バツグンの安心感と路面店の良さを感じる親切な魚屋さん

豊洲の静かな住宅街のなかに、創業50年を超える魚屋「魚や かとう」(加藤商店)さんがあります。

魚や かとうさんはほとんどの魚をあらかじめ切り身にしたり煮付けや味噌漬けにしたりと、スーパーに慣れたお客さんでも自宅ですぐに食べられるよう店頭でひと手間加えて販売している魚屋さん。

魚や かとう

今でこそ豊洲市場の開場によって豊洲=魚のイメージが少しずつ定着しつつありますけど、魚や かとうさんはもともとお客さんが引っ切り無しに訪れる人気店なのです!

1対1の丁寧な対応で、安心して買える

ご主人の加藤さんが「これが間違いないよ!」とオススメしてくれたのが、サワラの味噌漬け。1切200円。

魚や かとう

自宅でさっそく焼いていただくと、肉厚でふわっとした食感。

「魚や かとう」で買った魚たち

味噌の味がしっかり染み込んでいて白飯が進む進む。めっちゃ美味しい!

「晩酌はするの?しないんだったら、これかなぁ。昆布の松前漬け!」

「魚や かとう」で買った松前漬け

こちらも間違いなく御飯のお供に最適な松前漬けをオススメしていただきまして、食べてみると絶品。

これだけでお茶碗1杯は食べられる!価格は200円で、毎日買ってもいいなと思っちゃいました(^^)

何なのでしょうか、このとても心地良いバツグンの安心感は。加藤さんが教えてくれる魚を買って帰れば家族に喜んで食べてもらえる気がしてきます。

そして、気になったマグロのぶつも購入。1パック500円です。

「魚や かとう」で買ったマグロ

脂身のないしっかりした赤身を、わさびと醤油でシンプルにいただきます。

大きめのカットで食べごたえあり!鮮度の良さも感じました。

山芋をすりおろして、山かけにしても絶対に美味しいでしょうね。

保育園児の食事も支えている人気の魚屋

なんと、魚や かとうさん営業時間は15時から19時までのたった4時間だけ。

その理由は、江東区内にある保育園の給食用に魚を切り分けて配達もしているから。すごいですよね。

早朝に豊洲市場へ行って魚を仕入れ、配達を終えたころにはもう午後というわけ。ようやくお店をオープンするのは15時ごろ。

以前にテレビ東京の「アド街っく天国」でも紹介され、魚や かとうさんの隠れた努力を知って驚いた方も少なくなかったでしょう。

そういった努力を惜しまない加藤さんの人柄にひかれて、たくさんのお客さんが来店するんです。

明太子や真アジの開きも美味しそう♪

昭和の雰囲気が残るいい空間

外の空気を感じられる開けた空間で買い物ができるのは、路面店ならではの良さがあります。どこかここだけ時が止まっているかのような。

魚や かとうさんへは一度訪れてみるときっとその良さをわかってもらえると思いますので、ぜひ足を運んでみてほしいです(^^)

この日も筆者が買い物しているわずか数分のタイミングで続々とお客さんが!

ここ最近は区内の保育園がお休みのため15時よりも早い時間からお店を開けているみたいですから、ぜひ都合のいいタイミングでどうぞ。

定休日は日曜日と月曜日。それと毎月28日もお休みとなっています。

【魚や かとう】
※2020年9月30日より定休日が毎週月曜日→毎週水曜日へと変更になりました

■営業時間:15:00〜19:00
■定休日:水・毎月28日
■電話番号:03-3533-0562
■住所:東京都江東区豊洲4-7-7(MAP

 

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事