イベント

DRUM TAO、豊洲PIT公演はファン交流あり!「RHYTHM of TRIBE ~時空旅行記~」取材レポート

DRUM TAO(ドラム・タオ)が全国ツアーを開催し、2018年の新作「RHYTHM of TRIBE ~時空旅行記~」の東京公演が2018年7月19日よりスタートしました。

東京公演の会場はDRUM TAO初めての豊洲PIT。7月19日の東京公演初日には満席となり、多くのファンが会場を訪れました!

(DRUM TAO、初開催の豊洲PIT)

大迫力&大笑いできるステージパフォーマンス!

和太鼓パフォーマンスとプロジェクションマッピング、LEDを大迫力の映像テクノロジーの融合。鍛え上げられた肉体美を披露しつつ、激しい和太鼓パフォーマンスが延々と続いて見どころがたっぷり!

( ©DRUM TAO)

めちゃくちゃ笑えるシーンも多いのが魅力なんですよ。
っていうかズルいんですよね。あんな肉体を持ったイケメンたちが、わざわざ観客を笑わそうと面白いパフォーマンスを挟んでくるんです!あれは笑ってしまいますよ(笑)ぜひ、会場で見てみてください!

( ©DRUM TAO)

約1時間50分のショーは100点満点の大満足。めちゃくちゃ面白かったです\(^o^)/

( ©DRUM TAO)

 

ファン感謝イベントがあるのは豊洲PITだけ

しかも!豊洲PITだけの特典、東京公演としては初となる『TAOの夏祭り』が行われています。とよすとでは『TAOの夏祭り』の様子を許可を得て撮影させていただきました。

『TAOの夏祭り』は開演の2時間前から行われるファン感謝イベント。DRUM TAOのメンバーがロビーに現れ、手渡しのグッズ販売やサイン会、ツーショット撮影もできちゃう。

これにはたくさんのファンが行列を作って、メンバーとのふれあいを楽しんでいましたよ。熱気がすごかった!

公演そのものもメンバーとの交流もダブルで楽しめる、DRUM TAO「RHYTHM of TRIBE ~時空旅行記~」。東京公演(豊洲PIT)は7月27日(金)まで実施です♪

→ ド派手でカッコ良い「DRUM TAO」、2018年は豊洲PITで新作を上演!期間中はメンバーと交流可能

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事