交通

環状2号線の築地エリア、“地上部道路”を下り3/7・上り3/28に開通へ

2020年2月19日、東京都は環状2号線の全面開通に向けた第2段階となる“地上部道路”を下りを2020年3月7日の14時に、上りを3月28日の14時に、それぞれ開通すると発表しました。

旧築地市場の豊洲への移転が2年遅れたことに伴い、全面開通が2022年4月以降に先延ばしされた環状2号線。

2018年11月4日に第1段階の暫定迂回道路が開通したものの、築地大橋と接する部分が急カーブになっていたり、上り線と下り線の位置が離れているため初めて利用する人が困惑するなど、利用しづらい状況がありました。

(築地5丁目の交差点)

 

3月28日に第2段階の“地上部道路”が開通すれば、これまでよりもスムーズな往来が可能となるでしょう。

東京2020大会時には晴海の選手村と築地の車両基地がこの地上部道路により結ばれます。

ただ、本格開通(第3段階)は2022年4月以降。この旧築地市場の下を通るトンネル工事を終えた後に、地上部やトンネル出入口の工事が必要になります。

(2020年2月29日撮影)
(2020年2月29日撮影)
(2020年2月29日撮影)

なお、開通スケジュールは2018年10月に公表された内容と変わりはなく、特に工事が前倒しで行われたとか、遅れが生じているといったものではありません。

環状2号線のメリットやスケジュールはこちら

環状2号線の開通はメリットばかり!築地と豊洲をつなぐ区間を歩いて見学してきました工事が完了しているにもかかわらず、ずっと開通が待たれている「環状2号線」。ようやく2018年11月4日に開通する見通しとなりました。ずい...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事