“豊洲はちみつ”を使ったお土産スイーツ、SAKURAの「豊洲ハチミツレモンケーキ」が誕生

豊洲のお土産って何か良いものないかな〜と、困ったことはありませんか?そこで、ぜひオススメしたいのが今回ご紹介する「豊洲ハチミツレモンケーキ」です。

「豊洲ハチミツレモンケーキ」は豊洲で知らない人はいない有名スイーツ店・パティスリーSAKURAが“豊洲はちみつ”を使用して作った新スイーツで、2017年7月始めに発売となりました。

パティスリーSAKURAの場所は豊洲駅(4番出口)から徒歩1分ほどと近く、可愛らしいピンクの外観なのですぐに見つけられるでしょう。

【パティスリーSAKURA】
■営業時間:10時〜20時
■定休日:火曜日
■住所:東京都江東区豊洲4-2-2

 

“豊洲はちみつ”って何?

そもそも、みなさんは“豊洲はちみつ”をご存知でしょうか?豊洲駅前のビル屋上にある養蜂所で、何千匹ものミツバチから採れる豊洲ブランドの蜂蜜です。このところテレビで何度も取り上げられ人気になりつつあります。

一部の飲食店やスーパー、コンビニでは“豊洲はちみつ”を使った地ビール「豊洲蜂蜜エール」が販売されていますから、すでに飲んだことがある人も多いのではないでしょうか。
鍋にあう豊洲蜂蜜エール

 

→ 豊洲商店街が開発したご当地ビール「豊洲蜂蜜エール」を飲んでみた!

 

パティスリーSAKURAはとよシュー」や「とよすふれ」といった、豊洲のご当地スイーツを多く販売していますが、“豊洲はちみつ”を使用した「豊洲ハチミツレモンケーキ」もぜひ豊洲に来たら買って帰りたいお土産として要注目です!

 

新スイーツ「豊洲ハチミツレモンケーキ」を食べてみた感想

「豊洲ハチミツレモンケーキ」は1,350円(税込)で販売中。ひとつひとつ個包装されたタイプは129円です。賞味期限は3週間とのことなので、日持ちするのが嬉しい。

先日、1本買って自宅でさっそく食べてみましたので、感想をお届けしますね!

パッケージはこんな感じです。豊洲産はちみつをたっぷり使っていることをどど〜んとアピール。

豊洲はちみつと豊洲みつばちプロジェクトのステッカーが可愛らしいですね。

台形の型に入っていて、ナイフやフォークを使って切り分けたときにわりと簡単に取り出せます。

パウンドケーキタイプなのでふわふわ!

豊洲はちみつの優しい甘さが口の中に広がります!しっかり甘みがあるのに非常にライトなので、満腹時でもペロリと食べられそう!

「豊洲ハチミツレモンケーキ」、とても上品な味で美味しくいただきました♪

豊洲の歩道にはツツジやサルスベリなどたくさんの花が咲きます。ミツバチはそれらの花の蜜を吸うので季節によって豊洲はちみつの味が変わり、「豊洲ハチミツレモンケーキ」も食べる時季でそれぞれ違う味が楽しめることでしょう。

豊洲を訪れて歩道に咲いたたくさんの花を見かけたときには「豊洲はちみつ」や「豊洲ハチミツレモンケーキ」を思い出して、お土産に購入してみてはいかがでしょうか!

 

バラエティー豊富なお土産ギフトたち

パティスリーSAKURAでは瓶詰めにした「豊洲はちみつ」を100グラム(800円)、50グラム(450円)の2サイズで販売しています。お土産にも、もちろん家庭用にもいいですね。

そのほか、豊洲ハチミツレモンケーキと焼きドーナツ紅茶、ココナッツクッキー、ショコラクッキーの入った「レモンのギフト」(864円)や、豊洲ハチミツレモンケーキと焼きドーナツ抹茶、ココナッツクッキー、マドレーヌの入った「レモンバッグ」(1,080円)もあり、どれを買おうか迷ったときにはオススメです!