開店・閉店

晴海客船ターミナル、閉館日が決定 2022年2月20日を最後に解体へ

2021年12月27日、東京都港湾局は「晴海客船ターミナル」を2022年2月20日(日)をもって閉館すると発表しました。

建物は閉館後に解体される計画となっています。

今回、すでに決定していた閉館について、具体的な日程が公開されたことになります。

晴海客船ターミナルは解体後に再び客船受け入れ施設に

閉館日が決まったことは残念です。晴海客船ターミナルを訪れた思い出がたくさんある方も多いでしょう。

晴海客船ターミナルは解体工事を終えた後、跡地には代替となる客船受け入れ施設が整備される計画。

客船ターミナルの後にまた客船受け入れ施設ができるということで、一体どのようになるのか気になるところです。

代替施設の概要については、別途お知らせするとのこと。

晴海客船ターミナルの歴史を振り返る企画

1991年に開業した晴海客船ターミナルは晴海埠頭の先端部にある客船受け入れ施設。国内・国外からのクルーズ船が発着するだけでなく、撮影ロケ地やコスプレイヤーにも人気の観光スポットです。

2021年開催の東京オリンピック・パラリンピックの選手村として利用され、大規模マンションへと生まれ変わる「晴海フラッグ」に隣接した場所にあります。

このところは大きな客船を見かけることはありませんでした。

以前はレストラン「ラ・メール晴海」が営業していたものの、現在は休業。また、海上バスも運行していましたが、2012年をもって停止しています。

そんな晴海客船ターミナルの歴史を振り返る企画が閉館直前の期間に実施へ。

パネルの展示などが行われるそうで、ぜひ閉館の前にもう一度訪れてみてはいかがでしょか。

晴海客船ターミナル パネル展示期間

2022年2月1日~20日(予定)

いいね!で最新情報Get

関連記事