ニュース

都営住宅豊洲4丁目アパート、2022年6月より入居開始へ

昭和40年代に建設された豊洲の都営住宅「都営豊洲4丁目アパート」(全13棟)は建て替えられ、新築の全5棟のマンションへと集約されます。

現状、新しい建物の名称は「(仮称)都営高層住宅江東区豊洲四丁目団地」。正式名称は今後決まることでしょう。

今回、住人の方から入居時期を教えていただきました。情報によると、入居時期は2022年6月

つまり、次の夏には新築5棟への引越しがスタートするのです。

(仮称)都営高層住宅江東区豊洲四丁目団地の概要

号棟 建物階数 戸数 備考
14階建て 84戸
14階建て 70戸
14階建て 84戸
13階建て 120戸 1階は豊洲保育園
13階建て 143戸

集会所、駐車場、駐輪場も備えています。

2022年6月からの移転対象は、1〜13号棟のすべての住人。なお、家賃は現状のままとはいかず、やはり値上げとなるそうです。

2021年10月現在は周辺工事中

2021年10月現在は、通路や駐車場・駐輪場の工事が行われている真っ最中。

豊洲保育園になる場所で整備されているのは、保育園の玄関と庭でしょうか。

 

また、豊洲4丁目公園との間の歩道はこれまでとても幅が狭かったですが、広くなって歩きやすくなるみたい。

もともとお地蔵さんの櫓があった場所には、ブロックがしっかり残っていました。これも近いうちに取り除かれることでしょう(撮影日2021年10月18日)。

これらの工事は2022年春まで行われる予定です。

都営住宅はすべて解体へ

高層化により13棟から5棟へと集約される都営住宅は、移転が完了すると元の建物はすべて取り壊されます。

このなかには、天皇陛下(現上皇陛下)の布団を作った「金井寝具店」や、終戦直後から営業していて看板娘ならぬ看板猫がかわいい「落合靴店」も含まれています。

天皇陛下にも献上した豊洲のふとん専門「金井寝具店」 大正12年創業で、昭和24年から豊洲で営業するふとんの専門店が「金井寝具店」です。 2代目の金井健次さんがひと針ひと針を手...

なお、13棟のうち、すでに7棟(5・6・7・8・9・10・13号棟)は解体済み。

(すでに5・6・7・8・9・10・13号棟は解体済み)

解体は悲しいニュースではありますが、一方で、解体により都営住宅の土地のうちザックリ3分の2ほどがさら地となり、創出用地となります。

そして、豊洲4丁目ではいよいよ大規模な再開発が始まるのです。

とはいえ、再開発の内容についてはまだまだ真っ白な白紙状態。

地下鉄8号線(有楽町線)の延伸が徐々に現実化するなか、4丁目の再開発は地下鉄の延伸計画と強く関係してきそうです。

都営住宅豊洲四丁目アパート、全13棟が解体へ都営住宅「豊洲四丁目アパート」の建替が着々と進められています。 豊洲四丁目アパートは1967年(昭和42年)~1971年(昭和46...

いいね!で最新情報Get

関連記事