ニュース

有明にコナミの複合施設「(仮称)コナミR&Dセンター新築工事」、10月着工へ!

東京オリンピック・パラリンピックの第2聖火台が置かれていた有明・夢の大橋の近くに、コナミによる新しい複合施設が誕生します。

建物名は「(仮称)コナミR&Dセンター新築工事」で、建築主はコナミリアルエステート。設計は日建設計が担当します。

建築敷地の地名地番は東京都江東区有明三丁目1番17(臨海副都心有明南G1区画)で、敷地面積は約11,155平方メートル。

着工は2022年10月上旬。

先に公開となった資料によると、2025年1月ごろオープン予定です。

地上8階・地下1階の複合施設が誕生!

上の写真は南を向いて2022年5月に撮影したものです。この空き地が建設予定地。以前は駐車場だったところです。隣に見えるのはTFTビル西館。

 

おさらいとして、コナミが東京都に提出した2020年時点の同センターのコンセプトと事業計画をご紹介しておきますね。

【コンセプト】

  • 「国際コンベンションゾーン有明」を世界に発信する
  • デジタルからフィジカルまで、全国の研究開発拠点を有明に集結する

【事業計画・建築計画】

  • 100%自社グループ利用の研究開発拠点を整備し、2,700人の就業者を見込む
  • 周辺施設との連携も想定した生放送・動画配信可能なスタジオを整備する
  • アフターコロナ時代の働き方やオフィスの在り方を計画に反映する
  • シンボルプロムナードと水の広場公園をつなぎ有明南地区全体のにぎわいを創出する

といった具合。

そして、下が2022年3月時点のものです。

具体的な用途は、オフィス、集会所、展示ホールなどとしており、コナミといえばゲームの色が濃いですし、e-sportsの大会もきっとここで開催されるのではないでしょうか!

外観デザインがガラリと変更へ

最新のイメージパースを見てみると、実は2020年に公表されたデザインからガラリと変わっていまして、ソフトクリームのような建物になりそうです。壁面にはしっかり「KOMANI」のロゴが描かれています。

参考までに、2020年時点での外観イメージは下のようなものでした。ガラス張りの角張ったデザインから、丸みを帯びたスタジアムっぽい形へとずいぶん変わりましたね(^_^;)

(2020年時点の外観デザイン)

隣のアニヴェルセル東京ベイ跡地にはテレビ朝日

また、そのお隣の敷地(有明南H区画)では、「アニヴェルセル東京ベイ」が2021年9月5日をもって閉鎖。

跡地はすっかりさら地になっています。

(アニヴェルセル東京ベイ跡地。右は東京ベイコート倶楽部)

この土地はテレビ朝日が購入し、2024年12月をメドに多目的ホールやイベント・エンタテインメント集客施設、スタジオ・オフィスなどが誕生する予定となっています。

(南を向いた写真。左:コナミの有明南G1区画/右:テレビ朝日の有明南H区画)

いいね!で最新情報Get

関連記事