ニュース

有明での不発弾撤去処理に伴い、クロネコヤマトが配送遅延・都バスが迂回をアナウンス

すでにご存知の方も多いように、2019年4月5日、有明一丁目6番のマンション建設現場で敷地内から不発弾が発見されました。自衛隊による現状確認の結果、不発弾は信管有りの焼夷弾(500ポンド)であることが判明。

準備を経て、2019年6月5日(水)の9時より不発弾の処理が実施されます。処理を行うのは陸上自衛隊東部方面後方支援隊第102不発弾処理隊です。

爆発の危険性はないとのことですが、念のため不発弾処理日には半径100メートルの範囲で立ち入り禁止となるほか、交通規制(8時30分〜13時もしくは処理作業が終わるまで)も実施されます。

【追記】

6月5日(水)10時30分、不発弾処理は無事に終わり、安全宣言が出されました。警戒区域や交通規制などはすべて解除されました。

不発弾の発見場所と警戒区域について

不発弾が発見された場所は有明スポーツセンターとヤマト運輸の配送センター、イワタニ水素ステーション東京有明に囲まれた所。江東区は不発弾の処理に向けて5月末までに防爆壁を設置しました。

不発弾発見地点から概ね半径100m以内の範囲は警戒区域(避難区域)とし、この区域に含まれる施設等は休館。一般人の立ち入りはできません。また、同じく警戒区域に該当する道路や周辺道路の交通規制も実施されますのでご注意ください。

警戒区域と交通規制のマップ(江東区発表の資料より。警戒区域と交通規制のマップ)

避難場所は区立有明西学園。避難時間は8時30分から安全措置の完了まで。警戒区域の方々のみが避難対象になっています。

当日が荒天となった場合には、撤去処理は予備日の6月19日(水)に延期となります。

警戒区域内の施設や企業に影響も

不発弾の撤去処理が実施される6月5日(水)、警戒区域(避難区域)に該当する施設や企業の活動はストップします。

なお、この日は豊洲市場の休市日にあたり、豊洲市場での取り引きや出荷等への影響はありません。

虹の下水道館は臨時休館

東京都虹の下水道館はお客の安全を確保するため、撤去処理当日に臨時休館する方針を決定しました。

クロネコヤマトは5区で配送に遅延

有明の配送センターが警戒区域内に位置するヤマト運輸 東京主管支店 受付カウンターは仕分け作業などが行えないため、6月5日(水)は終日、以下の対象地域で配送に遅れが生じる可能性があるとアナウンスしています。

  • 江東区
  • 中央区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 葛飾区

都営バスは迂回し、お台場には停車せず

交通規制の実施に伴い、都営バス【海01】と【波01出入】は8時30分〜13時まで迂回ルートで運行します。これにより該当の時間帯は以下の停留所に停車しませんのでご注意ください。

  • お台場海浜公園
  • 台場二丁目
  • フジテレビ
  • 台場駅
  • 潮風公園入口

東京国際クルーズターミナル駅〜東京テレポート駅間は通常運行

避難所について

■避難所:「江東区立有明西学園」(江東区有明1丁目7番13号)
■避難所開設時間:6月5日(水)8時〜
(警戒区域外の方は避難不要)

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事