不動産

愛が長続きする「ブランズタワー豊洲」、敷地内のスーパーがいよいよ形になってきた!

外の足場が外され、クレーンの撤去も始って、いよいよ竣工時期の近づきを感じつつあるタワーマンション「ブランズタワー豊洲」。

今から4ヵ月後の2021年10月下旬に竣工し、2022年5月下旬には入居が始まる予定です。総戸数1,152戸のうち、この記事を書いている現在すでに1,142戸を供給済みとのこと。

契約を済ませた方は早く住みたくて入居を楽しみにしていることでしょう!

※写真はすべて2021年6月5日撮影したものです

ブランズタワー豊洲のスーパー

そんなブランズタワー豊洲の特長のひとつが、敷地内に誕生するスーパー。建物はほぼ出来上がり、その形がはっきりと確認できます。

ただ、まだスーパーの詳細は明らかになっていません。

東急ストアなのかイオン系のスーパーなのか、OKストアか西友か、はたまたセブン&アイ系か。などと、どんなスーパーが入るのか妄想が膨らみます。

竣工近づくブランズタワー豊洲とスーパーの写真

と、今回はそんなブランズタワー豊洲にできるスーパーの外観と、クレーンの撤去中などのもようを写真でお送りいたします。

ブランズタワー豊洲を契約したけど遠方に住んでいるのでなかなか見に行けない、という方々にぜひ楽しんでご覧いただけたら幸いです!(*^^*)

ほんと、ここまであっという間でしたね!

2019年2月に開催されたマスコミ向け説明会がつい先日のように感じられます。

豊洲駅徒歩4分、超高層タワマン「ブランズタワー豊洲」の3LDK価格は8,000万円台。建設現場見学&説明会にて判明東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社は2019年2月18日、マスコミ向けに豊洲地区1-1街区開発計画事...

なお、ブランズタワー豊洲のモデルルーム内の写真はこちらから御覧ください↓

「ブランズタワー豊洲」のモデルルームが公開、3タイプの間取りを写真でレポート東急不動産などは2019年6月14日、豊洲駅徒歩4分で総戸数が1,152戸にのぼる48階建てタワーマンション「ブランズタワー豊洲」のマン...

いいね!で最新情報Get

関連記事