生活

NHK番組をスマホ・PCに動画配信する「NHK+」の特長と登録方法、テレビ放送と同時に見る/見逃し視聴も

NHKは2020年3月1日、地上波放送番組がスマホやPCで見られる動画配信サービス「NHK+(NHKプラス)」をスタートしました!NHKの受信契約をしているご家庭であれば視聴料金は無料。

豊洲や湾岸エリアにお住まいの皆さんやお勤めの方々にとって、NHKがいつでもスマホやPCで見られるのは嬉しいと思います。

そこで、当サイトでは始まったばかりのNHK+の特長や登録方法を解説することにしました。

NHK+(NHKプラス)とは

スマホやPCからNHKの番組をほぼリアルタイムで視聴できるNHKの新サービスが「NHK+」。

スマホやタブレットでは専用アプリ(iOSAndroid)から、PCではブラウザ(IEを除く)から利用でき、いつでもどこでもNHKの番組を視聴できます。

番組の配信はテレビ放送から約30秒ほどのタイムラグがあるものの、放送とほぼ同じタイミングでスマホでも見られるのは非常に嬉しいです!放送している番組の追いかけ再生だってできちゃうんです。

NHK+で視聴可能な番組は?

視聴できる番組は、NHKの地上波放送の総合テレビとEテレが対象。

NHKニュース、大河ドラマ、NHKスペシャル、チコちゃんに叱られる、連続テレビ小説、プロフェッショナル 仕事の流儀、ドキュメント72時間、などたくさんの番組が楽しめますよ!

データ通信の使いすぎに注意

ただ、既存のワンセグとは異なり、テレビの電波ではなくインターネット上のデータ通信を通じて配信されるため、視聴にはモバイル回線やWi-Fiなどインターネット環境が必要。

特にスマホやタブレットで外出先から見るときにはモバイルデータ通信量の使いすぎに注意してくださいね。

ちなみに、字幕のオン・オフや、主音声・副音声も選べるんです。

PCではIE(Internet Explorer)は使用不可!

これには良い意味でビックリしたのですが、PCからの視聴する場合にIE(Internet Explorer)は使用不可となっています。

Windowsパソコンを使っている方はマイクロソフトがIEに替わって推進している「Microsoft Edge」や、GoogleのChromeなどを使用してください。

Macの場合、Safariはもちろん、ChromeやFirefoxでも問題なく視聴できます。

NHK+の料金は?

NHK+を視聴するのに必要な料金は無料。視聴そのものは誰でも可能です。

基本的にはテレビのNHK放送を契約していることが前提なので、画面上には登録を促すメッセージが表示されます。

NHKの契約者であれば、NHK+の利用登録(無料)をオススメします。

登録すると便利サービスも!

NHK+の利用登録を行うことでNHKの契約情報と照合し、IDが発行されます。ロックが解除され、画面上のメッセージを非表示にできます。

それだけでなく、NHK+でさまざまな機能を利用できます。

見逃した番組がまた見られる!

特に過去1週間分の「見逃し番組配信」ができるのは嬉しい限り!あとになってから思い出して視聴し忘れた番組も、放送後1週間まではさかのぼって見ることが可能です。

ジャンルやテーマで並べられた番組表が便利

また、見逃し番組をジャンルやテーマごとに探せるプレイリスト機能のほか、日付やキーワードでの番組検索も。

1つのIDで5台(5人)まで利用可

登録したIDは1つで最大5台まで同時に使用可能。たとえば、家族5人がそれぞれお持ちのスマホやPCで使えます。

NHK+の登録方法を解説

さて、上記のサービスをフルに活用するには登録が必須。NHKの受信契約者はぜひNHK+の登録を行って、便利に使いましょう。

最後に、NHK+の登録手順をご紹介しておきます。

  1. NHK+トップページの「NHKプラスを利用するには? ID登録手続き」よりメールアドレスを入力
  2. 登録用URLがメールへ届く(この時点でNHK+のロックが一時的に解除)
  3. NHKに契約済みの氏名や住所を入力する
  4. 後日、ハガキが届くので「確認コード」を入力(ロックが完全に解除)

NHK+の登録ページはこちら

■専用アプリ: iOS / Android

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事