イベント

ブランドいちごに大行列!ららぽーと豊洲シーサイドマルシェのいちご特集は早くも次回開催を希望♪

豊洲の商業施設アーバンドックららぽーと豊洲の「豊洲シーサイドマルシェ」。2019年3月9日〜10日に開催された回はいちご特集でした!

事前にお知らせいたしましたように、ブランドいちごの販売だけではなく、無料サンプリングやいちごスイーツの販売があったり、なんと、いちご狩りまでできるとあって大盛況。

筆者は10日(日)にちょこっとだけ訪れてみたのですが、すごい人だかりでビックリ。

ざっくりと写真を掲載しながらレポートしたいと思います(^^)

ブランドいちごを2,000名にプレゼント

まず、ららぽーと豊洲のシーサイドデッキ(中庭)に足を踏み入れるとドーッと行列が。

係員さんに聞いたところ、この列はブランドいちごの無料サンプリングを待つ列と判明。いちごは各回250名ずつ配布され、2日間で合計2,000名分が無料で手渡されます。

これはぜひと思い、試しに筆者も並んでみました。

ちょうどベストタイミングだったせいか、10分も待たずにいちごをゲット!

今回配布されたいちごは静岡県産の「きらぴ香」。爽やかな酸味とギュッと詰まった甘さでおいしい♪5粒ももらえて十分に味わうことができましたよ(^^)

その場で買えるいちご!いちご狩り!スイーツ!

そんなブランドいちごが豊洲市場ドットコムさんのブースにズラリと勢揃い。その場で購入できるとあって、多くの方が甘そうないちごを選んでおりました!

いちご狩りコーナーは本当にいちご農園からいちごそのものを持って来ていて、規模のすごさに驚愕。

残念ながら真っ赤ないちごは早々になくなっていまいその場で採って食べるのは難しかったですが、蜂がなぜ重要なのか、いちごがどうやって成長するのか等の説明は嬉しかったですし、非常に良い勉強になります。

いくつかキッチンカーもあり、特にいちごのかき氷が大人気!話題のスイーツとのことで、常時列ができている人気っぷり。丸ごとのいちごをそのまま削って作ったかき氷です。

会場にはいちごを使ったお菓子屋さんの出店もあって、お土産に買って帰る方も多く見られました。

埼玉・大宮のお菓子屋さん「菓子工房 osanji time.」はイチゴタルトやイチゴマフィンを販売。6種類のブランドいちごを使ったいちごタルトの食べ比べなんかも。手前に置いてあったいちごのクッキー缶も気になりました!

来年もいちごパワーで湾岸を盛り上げてほしい!

なぜかわからないんですけど、いちごの持つ魅力って凄いですよね。甘い、みずみずしい、可愛いとか、不思議と惹きつけられちゃう。産地だけでなくブランドによって味や形、色もそれぞれ違いますし、一口にいちごと言っても非常に深い果物です。

(栃木県のマスコットキャラクターとちまるくんも来場していました)

来場された皆さんはいかがだったでしょうか!ぜひ今後の豊洲シーサイドマルシェでは今回のようないちご特集を毎年3月に定期開催してほしいなぁ〜♪

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事