交通

東京ガス「豊洲水素ステーション」が1/16オープン!日本初のオンサイト方式で、オリパラでのFCVバス需要に対応

東京ガスは「東京ガス 豊洲水素ステーション」を2020年1月16日(木)にオープンします。この日の午前中に開所式を行い、いよいよ利用できるように!

場所は「豊洲ぐるり公園」の先端部あたり。

正確にはギリギリ東京ガスの用地なので豊洲ぐるり公園ではないのですが、わかりやすく表現すると「豊洲ぐるり公園駐車場」と「THE BBQ BEACH in TOYOSU」の間です。

↑豊洲ぐるり公園先端部のこの信号から小道に入ったところにあります。 

豊洲水素ステーションとは?

豊洲水素ステーションは東京2020オリンピック・パラリンピックで導入される燃料電池車(FCV)のバス向けに水素の需要が高まることなどから、東京ガスが2018年度より建設を進めてきました。

ステーション内で都市ガスから水素を製造し、燃料電池バスの大規模な受け入れが可能な日本初のオンサイト方式に対応。

施設内では、都市ガスを使って作った水素を圧縮機を使って高圧化を行い、一定の圧力のまま貯蔵。

燃料電池車に水素を充填する前にはプレクーラーを用いてあらかじめ水素を冷却し、ディスペンサー(充填機)で流量・圧力を制御しながら水素を燃料電池車に入れる流れです。

豊洲水素ステーションの仕様概要

名称 豊洲水素ステーション
所在地 東京都江東区豊洲6丁目
敷地面積 約2,000m2
水素供給方式 オンサイト方式
充填能力 300Nm3/h以上(ピーク時500Nm3/h以上)
充填圧力 70MPa

1月16日の開所式には招待者のみが出席し、施設内の見学も行われる予定。

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事