交通

東京BRT「勝どき」の停留所、いよいよ勝どき ザ・タワー前で着工へ

2020年の初夏に開始となる「東京BRT」のプレ運行(一次)に向けて、ついに勝どき停留所の建設工事が始まります。

環状第2号線を中心に都心と臨海地域とを結ぶ新しい交通機関である東京BRT(Bus Rapid Transit:バス高速輸送システム)は、①プレ運行(一次)、②プレ運行(二次)、そして、③本格運行、といった3段階のプロセスを経て運行する計画を東京都都市整備局が公表済み。

東京BRTの勝どき停留所は2020年2月中旬から建設工事が始まります。完工予定は3月下旬です。

BRT勝どき停留所を現地で確認

2020年1月25日、①プレ運行(一次)期間の運行ルートである勝どきに設置される停留所について、現地を確認し、具体的な場所を撮影してきました。

場所は環状2号線沿いのタワーマンション「勝どき ザ・タワー‎」前、東側です。

 

上り方面の停留施設はここに設置されます。↓

なお、中央分離帯の改修も実施。中央分離帯を補足して、車道幅員を広げる計画です。

一方、下り方面の停留施設は商業ビル「EDGE KACHIDOKI」の前にできます。(↓の写真右手)

ちなみに、豊洲市場前のBRT停留所もすでに建設工事が始まっており、工事の様子もレポートしています。

勝どきBRT(仮称)仮設停留施設設置工事について

■工事場所:東京都中央区勝どき5丁目
■工事期間:2020年2月中旬〜3月下旬
■発注者:京成バス株式会社 企画部企画課(BRT担当)
■施工者:京成建設株式会社

東京BRT、運行ルートと停留所まとめ!新橋〜晴海の所要時間はわずか10分このところ、BRTが話題になっていますね。東京初のBRT「東京BRT」は豊洲など湾岸エリア全体にお住まいの皆さんのみならず、都心から湾岸...
東京BRT、晴海2丁目でターミナル&車庫の建設がいよいよ開始。東京五輪後も都心と湾岸をつなぐ輸送拠点に2019年3月に入り、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会用の関係者向け駐車場の建設工事が晴海で始まりました。 ここは...

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事