トピックス

東京駅〜豊洲などを走る深夜バスの運行スタート!実際に乗ってみた

2017年4月3日、都営バスが深夜バス「深夜13」「深夜14」の運行をスタートしたので、実際に乗ってみました。

東京駅と豊洲間の所要時間は約23分。運賃は420円とリーズナブルです。

平日に限って運行される深夜バスで、土日祝の運行はありません。

運行ルート
  • 「深夜13」:東京駅丸の内南口〜有明一丁目 (新豊洲駅)
  • 「深夜14」:東京駅八重洲口〜深川車庫前 (豊洲駅)

豊洲エリアでの発着は主に佃・月島・東雲と同じルートを走る「深夜14」のバス(乗り場は東京駅八重洲口)。

ただ、新豊洲駅前に限っては有楽町・築地・勝どき・有明方面とつながる「深夜13」に乗車するようにしてください(乗り場は東京駅丸の内南口)。

この深夜バスは、東京から豊洲・東雲方面へ帰りたいけど電車の終電を逃してしまった、有楽町や銀座から有明方面へ帰りたい、深夜に豊洲から東京方面へ向かいたい、といった需要に対応してくれます。

とよすとでは深夜バスの運行が始まった4月3日、豊洲駅前などに停車する「深夜14」に乗車し、東京駅から豊洲駅前までと豊洲駅前から東京駅までを往復してみました!

※バスの時刻表は2022年1月現在のものに更新済み

→ 東京〜豊洲・東雲・晴海・有明で深夜バスが運行へ!時刻表・バス停を掲載(4/3〜)

 

【深夜14 深川車庫前行】東京駅八重洲口 → 豊洲駅

東京駅八重洲口から出発する深夜バスは、八重洲中央口のすぐ目の前にある都営バスのりば10番(緑枠の番号)から乗車します。

高速バスは1〜9番で、都営バスは10〜12番。深夜バスはこの10番ということになります。

東京駅八重洲口発→深川車庫行きの深夜バス 時刻表

バスは5本あり、最終バスの発車時刻は24時53分発です。

出発時刻(平日のみ運行)
東京駅八重洲口 23:08 23:33 23:58 24:23 24:53

 

 

【深夜14】豊洲駅 → 東京駅八重洲口

続いて、豊洲駅前から東京駅八重洲口へ向かう深夜バスについて。

豊洲駅での乗り場は、下記地図にある豊洲駅前バスロータリー「交通広場」。

豊洲駅前のバス停は2番のりばです。バスは定刻通りに来ました。

豊洲駅発→東京駅八重洲口行きの深夜バス 時刻表

豊洲駅前を出発するバス(東京駅八重洲口行き)の時刻は以下の通り。こちらは4本となっています。

出発時刻(平日のみ運行)
豊洲駅前 23:05 23:30 23:55 24:25

 

【レポート】実際に深夜バスに乗ってみた!東京駅→豊洲駅

運行初日に東京駅八重洲口から深夜バスに乗ってみたのでレポートします。

バスの外観は、通常よく見かける緑色の都バスなのでひと目でわかりました。

乗車料金は通常料金の2倍、420円です。SuicaやPASMOなど交通系ICカードも使用可能(料金は412円に割引)。

お客さんの状況はというと、この日は8人。

東京駅八重洲口からの乗客は5人で、リバーサイド21、月島駅前、晴海一丁目で降車する客がいたほか、途中のバス停で乗車してくる客は3人ほど。日本ユニシス本社前(豊洲)で乗ってくる客もいました。

豊洲駅前で降りた客が最も多く、筆者も含めて3人が降車。きっちり定刻通り25:16(午前1:16)に到着しました。

深夜バスの想定される利用シーン

どんな人が深夜バスを利用するのか、イメージしてみました。

  • 豊洲や東雲に住んでいる人が終電に間に合わなかった
  • 東雲や豊洲から東京駅方面へ行きたい
  • 深夜に営業している東雲イオンへ行きたい
  • ユナイテッド・シネマ豊洲でレイトショーを見て、軽く飲んでから帰りたい
  • 月島でもんじゃをお腹いっぱい食べてお酒を飲んだのでバスで帰りたい

などいった感じでしょうか。

電車の終電を逃した人がよく利用することになる予感がしますね。

深夜バスといっても特別感はなく、普通の都バスがただ深夜に走っているだけのイメージですが、遅い時間帯に運行してくれるのはとてもありがたいなと感じました!

深夜バスの存在を覚えておくととても便利だと思いますので、ぜひまだ知らない人へは教えてあげてくださいね♪

→ 東京〜豊洲・東雲・晴海・有明で深夜バスが運行へ!時刻表・バス停を掲載(4/3〜)

いいね!で最新情報Get

関連記事