交通

ゆりかもめ&東京メトロ有楽町線、大晦日は終夜運転へ。時刻表まとめ(2018年〜2019年)

2018年12月31日(大晦日)〜2019年1月1日(元日)にかけて、ゆりかもめと東京メトロ有楽町線は終夜運転を実施します。

深夜時間帯でも運行しているので、初詣の行き帰りに利用したり、初日の出を観に行くために移動したり、とてもありがたい!また、初売りのために早朝から出掛けるときにも便利です。

ゆりかもめは大晦日深夜に10〜15分間隔で運行

ゆりかもめは公式サイトにて終夜運転の時刻表を掲載しています。

時刻表はゆりかもめの公式サイトより転載。これによると、深夜でも10〜15分間隔で運行することがわかります。

以下、ゆりかもめの始発駅・終着駅である豊洲と新橋の時刻表を乗せておきますね。

12月31日〜1月1日 ゆりかもめ運行時刻表

豊洲発→有明・ビッグサイト・台場・新橋行き

下線は有明駅行き。その他は土曜・休日ダイヤ

新橋発→台場・ビッグサイト・有明・豊洲行き

下線は有明駅行き。その他は土曜・休日ダイヤ

ゆりかもめの運賃と所要時間

ゆりかもめは端から端まで、つまり新橋〜豊洲の区間を乗ると運賃は380円。

新橋〜豊洲の所要時間は31分です。

東京メトロ 有楽町線は30分間隔で運行

一方、東京メトロも終夜運転を実施します。深夜1時〜4時の間は30分に1本の間隔で列車を運行。豊洲駅のホームは地下にあるので、寒さをしのぎながら列車を待つことができます。

豊洲駅を発着する有楽町線の時刻表を掲載しておきます。時刻表は東京メトロの公式サイトより転載。

12月31日〜1月1日 有楽町線・豊洲駅の時刻表

山手線沿線から豊洲へは有楽町からが早くて安い

実は新橋〜豊洲の間の移動はゆりかもめを利用するよりも、有楽町駅でJRと東京メトロ有楽町線を乗り継いだ方が安く、所要時間も短くて済みます。

特にお台場や有明方面に用事がなければ、JRと東京メトロ有楽町線を利用するのがおすすめです。

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事