交通

100円の江東区コミュニティーバス「しおかぜ」、豊洲駅や昭和大学病院の“豊洲ルート”が運行へ

ページに含まれる広告から収益を得ることがあります

江東区はJR潮見駅を起点にして運行しているコミュニティーバス「しおかぜ」に、新しく“豊洲ルート”を追加して2024年4月1日より運行を開始します。

これまでの木場ルート、辰巳ルートに加えて、豊洲ルートが加わることにより、潮見や辰巳などから豊洲へのアクセスが向上するだけでなく、逆に豊洲の人たちが潮見などに行きやすく!

すでに完成した、豊洲の停留所をチェックしてきましたので写真でご紹介します。

一応、“実証実験”という位置づけなのでまだ本運行ではない点をご注意ください。

※今回の対象期間は2024年4月1日〜2025年3月31日

しおかぜ、新たに運行する豊洲ルート

(画像:江東区Webサイトより)

江東区コミュニティーバス「しおかぜ」は、3つめのルート「豊洲ルート」が誕生。

バリアフリー対応のノンステップバスなので、車いすの方も乗車可能です。

豊洲の停留所は「豊洲駅前」「昭和大学江東豊洲病院前」

しおかぜの豊洲ルートが停車するのはJR「潮見駅前」に加えて、「豊洲駅前」「昭和大学江東豊洲病院前」の2ヵ所です。

豊洲駅前

「豊洲駅前」停留所の場所はシエルタワー側のゆりかもめ豊洲駅の階段下です。

都営バスの12番のりばと同じところに停留所があります。

昭和大学江東豊洲病院前

「昭和大学江東豊洲病院前」の停留所は病院前というよりも、ローソン江東豊洲5丁目店の前にあります。

しおかぜ 各ルートの時刻表

平日・土日祝日も同じです。年中無休。

(画像:江東区より)

豊洲の2ヵ所以外にも停まる“循環運行”

上の時刻表を見ていただいた方はすぐにわかったと思いますが、豊洲で乗車したら潮見駅以外にも行きますので安心してください!

たとえば、9:00に始発がでる木場ルートでは、

木場ルート→辰巳ルート→木場ルート→豊洲ルート→木場ルート→辰巳ルート→木場ルート→豊洲ルート

といった具合に、ぐるぐると3つのルートを循環して運行します。

豊洲から乗っても、木場方面や辰巳方面にも行くことができますよ!

運賃は100円

江東区コミュニティーバスしおかぜの運賃は100円。大人・子ども一律100円です(小学生以上)。

Suica・PASMOなどの交通系IC電子マネーにも対応。

ちなみに、これは都営バスではないので、都営バスの定期券や一日乗車券、シルバーパスなどをしおかぜで使うことはできません。

 

 

停留所のようすはX(旧Twitter)で@nosa_1225さんに教えていただきました。ありがとうございました!

いいね!で最新情報Get