124mの橋桁を水上でジャッキアップ!豊洲と晴海を結ぶ首都高

th_IMG_1782

首都高速10号晴海線の「晴海出入口」が2017年度に開通予定なのはご存知でしょうか?晴海線は都心と豊洲をつなぎ、豊洲新市場への物資を運ぶための重要な交通路となる線です。

この晴海出入口と新豊洲駅すぐ横の「豊洲出入口」(開通済み)を結ぶ1.2kmの区間について2015年4月24日、晴海運河の晴海大橋で橋桁架設工事が行われました。

th_IMG_1783

晴海大橋は2本の橋で構成されていて、上り・下りで車線が分けられています。今回の橋桁架設工事によってここに3本目の橋がかけられるたのですが、これが首都高速10号晴海線となります。

th_IMG_1807
th_IMG_1784

橋桁は124m、重量は1,800トンにおよび、なんと、運河から台船によってジャッキアップされました。これは過去にない、橋桁架設工事としては日本最大なんだそうです。

th_IMG_1805

th_IMG_1806

この3本ある橋のうち中央が今回の工事でジャッキアップされたものです。このまま工事は写真の手前左側へ伸びていき、すぐその先にある新交通システム「ゆりかもめ」の上を交差する形で越えていき、豊洲出入口と結ばれます。

豊洲新市場のオープンも待ち遠しいですが、この工事の完成も見守っていきたいと思います!