ゆりかもめ市場前駅のコインロッカーの設置場所・サイズ・料金

豊洲市場やIHIステージアラウンド東京を利用する際に、荷物を預けられる場所があるのかどうか気にする人は多いのではないでしょうか。もし、荷物を預けたいのであれば、最寄り駅の「市場前駅」に設置されているコインロッカーを利用すると良いでしょう

先日、ゆりかもめ・市場前駅にあるコインロッカーの設置場所や大きさ、料金を調べてきましたので解説します。

 

コインロッカーの設置場所は1ヵ所

2017年6月5日現在、市場前駅のコインロッカーは改札内に1ヵ所だけとなっています。

小型・中型・大型といった3サイズのコインロッカーがあり、設置台数はそれぞれ小型8台、中型7台、大型7台の合計22台。

料金は小型300円、中型500円、大型700円で、700円の大型サイズはスーツケースが入れられるほどの大きさです。

Suica・PASMOといった交通系ICカードや現金での支払いが可能。ICカードそのものがロッカーのカギとして利用できます。もし交通系ICカードを持っていない場合には、出てくるレシートに印字されている暗証番号をカギの代わりに使用します。また、現金はお札の利用ができず、使えるのは100円玉、500円玉のみ。クレジットカードでの支払いには対応していません。

 

豊洲駅のコインロッカーを利用するのもあり!

IHIステージアラウンド東京に向かうお客さんの利用が多い市場前駅は、今後、豊洲市場の開場や豊洲ぐるり公園のオープンに伴って市場前駅の利用客は間違いなく増加します。コインロッカーの設置箇所は1ヵ所で、たった22台しかキャパがないのはちょっと心配ですね。。。まぁ、ないよりはマシということで(笑)

もし、豊洲駅からゆりかもめに乗って市場前駅を訪れる場合には豊洲駅のコインロッカーを利用するか、地下鉄・有楽町線の豊洲駅のコインロッカーを使うといいでしょう。

→ ゆりかもめ・豊洲駅のコインロッカー

→ 有楽町線・豊洲駅のコインロッカー