生活

まるでカフェ!がんに関わる人の癒やしの空間、新豊洲「マギーズ東京」。すでに9,000人が来館

このところ、新豊洲エリアに関する記事ばかり書いている気がしますが、またまた新豊洲です!今回は認定NPO法人マギーズ東京が運営する「マギーズ東京(maggie’s tokyo)」。

「IHIステージアラウンド東京」や「My Village」のすぐ隣りにあり、一見すると木造のおしゃれなカフェかな!?と思う外観なんですが、実はがん患者やがん検診で悩んでいる人、がん患者の家族など、がんに関わるすべての人が誰かに頼りたいときに頼れる場所として設立された施設です。

日本は先進国でありながら米国と比較してがん患者が増えているといいます。今や2人に1人ががんになるそうです。

病院でいきなりがんを知らされてショックを受ける人は多いはず。治療中も、治療後も、不安を抱える人は少なくありません。それは本人に限らず、家族や友人もそうです。

マギーズ東京はがんに関わる人みんなが気軽に足を運んで相談でき、のんびり過ごせる非常にアットホームな場所!

運営はすべて寄付で賄われていて、利用者は完全に無料で利用できます。お茶を飲みながら優しいスタッフさんとお話したり、本を読んでくつろいだり、木の温もりを感じられる室内でソファーに座りながら大きな窓から景色を眺めたり。

まるで別荘に来たかのような心地よい場所ですよ(^^)

利用者が楽しめる様々なプログラムも用意されているので、ぜひ公式サイトFacebookページをチェックしてみてください。

IHIステージアラウンド東京を運河側(写真右)に進むとマギーズ東京

 

そして、2018年4月からは月に1度のペースで夜間も開館するそうです。第1回は4月6日(金)で、18時〜20時に開館。昼間にはなかなか来られない人のためにナイトマギーズを実施することで、より多くの人の相談に乗ろうという試みです!

ナイトマギーズは江東区の支援事業にもなっています。地域貢献として豊洲の皆さんにもどんどんご利用してほしいとのことなので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪

SPORT×ART SHINTOYOSUに掲載が始まったこちらのインタビュー記事もどうぞ御覧ください(^^)

 

→ 【新豊洲の魅力】マギーズ東京 インタビュー記事① – SPORT×ART SHINTOYOSU

 

マギーズ東京
開館日:平日10時~16時(月に1度、18時〜20時の夜間相談を実施)
休館日:土日祝(イベント時のみオープン)
利用料:無料
電話番号:03-3520-9913
住所:東京都江東区豊洲6丁目4-18