イベント

「ホワイトリボンラン2020」東京会場は豊洲で!エントリー締切は1/22

ホワイトリボンラン2020」が2020年3月1日(土)、豊洲公園・豊洲ぐるり公園で開催となります!

「ホワイトリボンラン」は妊娠・出産・中絶が原因で1日あたり800人以上の女性が命を失っている現状を改善しようと2016年より全国で実施されているランイベント。

毎年3月9日が国際女性デーであることにちなんで、2020年3月には東京や大阪、広島をはじめ、全国各地の会場でホワイトリボンランが開催されるんです。

東京会場は豊洲公園・豊洲ぐるり公園が会場・走行ルートに!参加エントリーの締切は1月22日(水)ですので、どうぞお早めに!

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、豊洲でのホワイトリボンラン2020は中止となりました

ホワイトリボンラン2020 東京会場の概要

【①東京拠点ラン・②東京women’sラン 共通】
■開催日:2020年3月1日(土)
■会場:豊洲公園(受付会場)・豊洲ぐるり公園(コース)
■走行コース距離:5km
■制限時間:60分
■受付会場:豊洲公園
東京都江東区豊洲2丁目3-6(MAP)
■エントリー締切:2020年1月22日(水)

  ①東京拠点ラン ②東京women’s ラン
参加条件 年齢・性別不問 18歳以上の女性
時間 10:00〜13:00 11:00〜16:00
費用 大人 3,300円
ユース 2,500円
小学生以下 1,500円
5,500円

※ユース:中学生〜24歳以下

タイムスケジュール

① 5kmラン

10:00〜11:00 5kmラン 受付
11:00〜 オープニング&エクササイズ
11:30〜12:30 5kmラン スタート
12:30〜 ステージコンテンツ

② women’sラン

11:00〜12:00 women’sラン 受付
12:30〜13:00 ステージ
13:30〜13:45 エクササイズ
14:00〜15:00 women’s ラン スタート
15:45〜16:00 アフターヨガ&クロージング

会場には更衣室・荷物の預かりテントあり。

参加費のうち約半額がチャリティーに

ホワイトリボンランはエントリー費のうち運営費などを差し引き、半分ほどがチャリティーになります。

具体的なチャリティー金額を公表して参加を募っているイベントは珍しいですし、このエントリー費の中にはアンダーアーマー製のオリジナルTシャツや保険代も含まれているので安心して参加できます。

また、寄付金の領収書も提供しているので確定申告の際にもしっかり申請可能です。

多数のゲストと楽しみながら走ろう!

東京会場には多数のゲストが登場します。

women’sランのゲストランナーにはモデル・歌手の土屋アンナさんが参加。

さらに、5kmランでは歌手・俳優のダイアモンド⭐︎ユカイさんが参加するほか、ウォーミングアップで行うエクササイズはZUMBAインストラクターの関根真澄美さんによるLOVE&LAUGH Danceに決まりました!

過去のホワイトリボンランの様子を見ると、とても明るくて楽しいランイベントのようですから、参加する方はぜひ楽しみながら走ってください!(*^^*)

ジョイセフのホワイトリボン活動について

ジョイセフは1968年の設立より、家族計画や母子保健などの分野で日本のみならずアジアやアフリカの発展途上国を支援してきた国際協力NGO。

世界では1日に803人が出産で死亡しているそうです。これは2分間に1人という高い割合。それも、未然に防げるような理由で亡くなっています。

出産施設がないとか施設の場所があまりにも遠いなどの理由からどうしても自宅分娩が多く、しかも、自宅といっても先進国のような清潔な環境ではないので死亡のリスクが高いんだとか。そういった出産で亡くなった女性への哀悼の意を示しているのがホワイトリボン。

家族計画サービスや避妊具の不足で女性の健康に深刻な影響のある国々へ支援し、妊娠・出産・中絶などで死亡する女性の減少を目指す。それらの活動をジョイセフが中心となって行っています。

「ホワイトリボンラン2020」東京会場では、アンダーアーマーが製作したオリジナルTシャツを着てみんなで走り、日本中・世界中に「ホワイトリボンラン」の活動をアピールする場となります。ぜひご参加ください!

いいね!で最新情報Get

おすすめの関連記事