土曜日に見学できる!豊洲市場の「都民見学会」が8/26(土)に開催へ

東京都は2017年8月26日(土)には午前と午後の2回にわけて「都民見学会」を開催します!都が都民を対象にした見学会を実施するのはこれで3回目。

すでに8月9日(水)に「親子見学会」が開催となることをお伝えしましたが、26日(土)の「都民見学会」は親子でなくてもOKで、インターネットのほか往復ハガキでの応募が可能。1当選につき2名の参加ができます。午前の部(10時〜12時)と午後の部(15時〜17時)があり、1回の見学につき50名の参加(2回で100名)としているので、当選者数は25名ずつ(計50名)ということでしょうか。ちょっと少ないですね。。。

見学場所は豊洲市場の青果棟(5街区)、水産仲卸売場棟(6街区)、水産卸売場棟(7街区)で、全体で約5km(所要時間約90分)と、親子見学会よりも広いエリアが見学対象となっています。

(東京都中央卸売市場のサイトより)

 

具体的には水産卸売場、せり見学台、ドックシェルター、補助315号下連絡通路、水産仲卸売場、屋上緑化広場、ターレスロープ、青果卸・仲卸売場、モニタリング井戸、排水施設棟(地下水管理システム)などです。

また、通常は立ち入らない場所も見学コースに含まれているためバリアフリー化されていない箇所も通ります。よって、車椅子やベビーカーでの参加はご遠慮くださいとのことなのでお気をつけください。
申し込み期間は8月7日〜8月13日です。この記事を書いている現在ではまだ受付が始まっていませんので、8月7日以降に申し込みましょう!申込者多数の場合は抽選となります。

→ 応募サイトはこちら(東京都中央卸売市場のページ 8/7〜申込み可能)

 

豊洲市場のレポートもどうぞ。

→ 豊洲市場を見学し、世界に誇れる良い市場になると確信できた

→ 築地市場、ビビらなくて良いレベルの土壌汚染が発覚した今「豊洲でやっていく自信」を持つべき