【現地レポ】豊洲の水辺で賑わう「夏の船カフェ2018」、出店してる屋台はこんな感じです!

【現地レポ】豊洲の水辺で賑わう「夏の船カフェ2018」、出店してる屋台はこんな感じです!

2018年6月23日(土)〜24日(日)の2日間にわたって開催される「夏の船カフェ2018」。今年から豊洲5丁目と6丁目に挟まれた東電堀へと会場を移し、より水辺に親しめる環境での開催となった船カフェにはたくさんの屋台が出…

Read More

豊洲「夏の船カフェ2018」を東電堀で開催へ!運河クルーズや水陸両用バス、屋台グルメも

豊洲「夏の船カフェ2018」を東電堀で開催へ!運河クルーズや水陸両用バス、屋台グルメも

今年も豊洲の好例イベント、船カフェのシーズンがやってきましたね。船上のカフェや運河クルーズを楽しんだり、湾岸の雰囲気のなかでアルコールや各種屋台料理をいただいたりと、水辺ならではのイベント「夏の船カフェ2018」が開催と…

Read More

豊洲を走る日はそう遠くない!?「ロボット船が描く東京イーストベイエリアの水辺の未来」が開催へ

豊洲を走る日はそう遠くない!?「ロボット船が描く東京イーストベイエリアの水辺の未来」が開催へ

ミズベリング@イーストベイ東京プロジェクトは2018年2月28日、豊洲シビックセンターにて「ロボット船が描く東京イーストベイエリアの水辺の未来」を開催します。 今、欧米ではロボット船「ROBOAT」へ注目が集まっています…

Read More

「豊洲水彩まつり2017」を写真でレポート!豊洲クルージングや水陸両用バス、ゴムボートレースが盛り上がった!

「豊洲水彩まつり2017」を写真でレポート!豊洲クルージングや水陸両用バス、ゴムボートレースが盛り上がった!

2017年9月30日、「豊洲水彩まつり 2017」が開催となりました。豊洲5丁目と6丁目の間にある東電堀を会場に、スロープとカヌー桟橋が正式オープンとなってから初めての豊洲水彩まつり。会場には多くの住民が訪れ、とても盛り…

Read More

豊洲水彩まつり2017、運河クルーズは先着240名!キャナルカフェでは豊洲蜂蜜ワッフルも販売へ

豊洲水彩まつり2017、運河クルーズは先着240名!キャナルカフェでは豊洲蜂蜜ワッフルも販売へ

2017年9月30日(土)は毎年恒例の「豊洲水彩まつり」が開催となります! 今年は初めて場所を豊洲5丁目・6丁目の間にある東電堀へと移し、「NANOⅡ号」による運河クルーズやカヌー体験、ディンギー体験、町内対抗ゴムボート…

Read More

水陸両用バスのスカイダック、当日券で豊洲から乗車→東京テレポート下車可能!乗車と料金・Web予約について

水陸両用バスのスカイダック、当日券で豊洲から乗車→東京テレポート下車可能!乗車と料金・Web予約について

水陸両用バスに乗って観光ができるスカイダックは2017年9月26日より豊洲駅と東京テレポート駅間の新ルート「スカイダック東京2017 お台場・豊洲・レインボーブリッジコース」の運行を開始します。 すべての便で東京テレポー…

Read More

水陸両用バス「スカイダック」、豊洲での乗車位置は駅前ロータリー4番の隣が濃厚

水陸両用バス「スカイダック」、豊洲での乗車位置は駅前ロータリー4番の隣が濃厚

豊洲駅前とお台場の東京テレポート駅間を走行するルートが決定した水陸両用バス「スカイダック」の“スカイダック東京2017コース”。 とはいえ、運賃や具体的な経由ルート、時刻表などが公表されておらず、未知の部分も多いのが現状…

Read More

豊洲の運河で「夏の船カフェ2017」、屋形船クルーズに300人の列!秋には東電堀で

豊洲の運河で「夏の船カフェ2017」、屋形船クルーズに300人の列!秋には東電堀で

2017年6月30日〜7月2日にかけて豊洲運河にて行われた「夏の船カフェ2017」。土日には初めて屋形船を使った運河クルーズが実施となり、多くのお客さんが訪れました! 最終日の7月2日日曜日、筆者が会場の芝浦工業大学豊洲…

Read More

[豊洲の歴史・遺構] 鉄道の線路がたくさん!春海橋や石川島造船所跡など写真で振り返る

[豊洲の歴史・遺構] 鉄道の線路がたくさん!春海橋や石川島造船所跡など写真で振り返る

豊洲は大正時代から昭和にかけて埋め立てで生まれた地です。歴史を紐解いていくと、造船需要の高まりとともに昭和初期には東京石川島造船所(現在の株式会社IHI)の造船工場などが立地し、越中島と豊洲石炭埠頭をつなぐ深川線や豊洲で…

Read More

水陸両用バスの船着場(スロープ)にカヌーの係留に必要な浮桟橋ができてた

水陸両用バスの船着場(スロープ)にカヌーの係留に必要な浮桟橋ができてた

新豊洲方面にある東電堀に建設中だった水陸両用バスの船着場(スロープ)が8月末に完成予定だったので、9月上旬に様子を見に行きましたら水陸両用バスだけでなく、カヌーを係留させるために必要な浮桟橋を建設しているのを発見しました…

Read More
1 2