テイクアウトも可能な「RHCカフェ」(豊洲)、濃厚で贅沢なシュークリームをお土産に

カフェを併設したロンハーマンの都内初出店となるコンセプトストア「RHC ロンハーマン豊洲店」。アーバンドックららぽーと豊洲にオープンし、カフェエリアの「RHCカフェ」では連日行列を見かけます。

筆者がRHCカフェでスムーズに入店できた確率は50%。訪れた4回のうち、並ばずに入店できたのは2回です(笑)夕方は空いてることが多いのですが、年末年始は動向が読めませんね。

→ オープンした豊洲のロンハーマン「RHCカフェ」でパンケーキ♪ランチ・ディナーの食事利用も可

 

そんなとき、スイーツのテイクアウトがおすすめ。RHCカフェはレジ横にショーケースが用意されいて、いくつものスイーツが並んでいます。

(18時くらいの在庫はこんな様子)

「RHC カスタードプリン」(400円)をはじめ、「ブルーベリーバックル」(500円)、アップルパイやショートケーキも。

「レモンケーキ」(300円)、「クラフトチョコレート(1,100円〜)もあります。

 

今回、店内でスイーツとコーヒーをいただいた後、お土産に「シュークリーム」(400円)を2つ購入し、テイクアウトしました。一体この日はいくらお金を使ったんだろう(^_^;)

シュー生地はサクサクと言うよりも、フランスパンに近く、程よく弾力がある生地。

そして、カスタードクリームがたっぷり!

一見すると、分厚い生地の間にクリームがちょこっと挟んであるように見えますよね。しかし、実は衝撃を受けるほど奥にも底にもクリームが!!

写真には撮っていないのですが、生地の底のギリギリまでカスタードクリームが詰まっていて、クリーム好きにはたまりませんよ♪美味しいです!

1つ400円という価格はシュークリームとしては高額な価格帯に位置づけられますが、これは400円払ってでも再度食べたいと思いました。

 

また、RHCカフェの「レモンケーキ」はわりと手頃でちょっとした差し入れにも良さそう。たまたま他のお客さんが注文している場面に遭遇したのですが、あらかじめ個数をオーダーしておいて、翌日に再来店して受け取ることも可能。レモンケーキも他のスイーツ同様に、キッチンにいるパティシエさんが作っているようです。

なんと、店内で食べきれずに残してしまったフードもテイクアウト可能です。食品ロスが問題視されるなか、RHCカフェのこういった取り組みは非常に素晴らしいと思います。お子さんが食べきれなかったケーキも自宅に持って帰りやすいですね(^^)

→ ロンハーマン「RHCカフェ ららぽーと豊洲店」の全メニューまとめ!フード、スイーツ、ワイン等も

 

 

【RHC ロンハーマン豊洲店 「RHCカフェ」】
■営業時間:10時~21時(ラストオーダー20時)
■座席数:80席(全禁煙席)
■電話番号:03-5860-4902
■住所:東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲1F ship IV