豊洲のケーキ店「パティスリー スマイユ」が閉店へ

昔ながらのお店が並ぶ豊洲4丁目でここ最近は閉店のニュースが続いていますが、ケーキ屋さんの「Patisserie SEMAILLES(パティスリースマイユ)」が2018年3月31日(土)で閉店することがわかりました。

とよすとのFacebookページに読者さんから情報をいただき、その日のうちに確認してきたところ、お店のガラス戸に閉店をお知らせする貼り紙が。

パティスリースマイユは2011年にオープンした、豊洲4丁目としては比較的新しいお店。それまでこの場所には2005年10月〜2011年3月にかけて「パティスリー・デュ・カシス」というお店があり、その後、ここに「パティスリースマイユ」がオープンし、営業していました。

都営バスの豊洲四丁目バス停の目の前にあり、お土産にケーキ屋や焼き菓子を買って帰るお客さんも多かったことでしょう。また、枝川地区へ帰宅する方も帰り道の途中にあるため利用していた方は少なくなかったと思います。

さつまいもを使った「豊洲ぽてと」は豊洲のお土産としてもピッタリ。筆者も何度も食べたことがあります。

また、トップ・オブ・パティシエ2010でグランプリを受賞し、テリー伊藤さんがオススメしていたという「とよすロール」は話題となりましたし、スマイユで人気商品の「レモンケーキ」は食べたことのある方もきっと多いのではないでしょうか。

筆者は和栗を使用した「とよすモンブラン」がお気に入りです。

何より、かわいいキャラクター物のホールケーキはお子さんに人気。誕生日のときには決まってスマイユでデコレーションケーキを購入されるご家庭もいらっしゃるんだとか。

そんなスマイユが閉店する理由のひとつは、やはりと言うか、今の時代を象徴する“人手不足”だそうです。

2011年からスマイユを利用していた人にとっては寂しくなりますね。閉店までにもう一度訪れたいと思います。

 

→ 豊洲パティスリースマイユ、サクッと生地の絶品モンブランはお土産や来客にも

【パティスリー スマイユ】
※2018年3月31日(土)に閉店
■営業時間:11時~20時
■定休日:月曜日
■住所:東京都江東区豊洲4-7-1