築地市場、豊洲への移転延期を小池都知事が正式決定。で思ったことを書いてみました

2016年8月31日の13時30分、東京都の小池知事は記者会見を開き、築地市場の豊洲への移転日を当初の予定日だった11月7日から延期すると正式に発表しました。延期する期間は未定。

→ 小池知事 築地移転延期を表明 – NHK

th_photo-48

予定していた豊洲市場の土地には土壌や地下水が有害物質で汚染されているとの指摘が仲卸業者など市場関係者からされるなど、延期を求める声が多数ありました。しかし、東京都は汚染が発覚してからのこの数年間、何も対策をしてこなかったわけではありません。むしろ、十分な対策をしてきたと言えるでしょう。

豊洲市場の公式サイトのわかりやすい位置に「土壌汚染対策工事について」とメニューがあるように、ここからアクセスすればものすごく膨大な資料とともに汚染対策の内容に目を通すことができます。

→ 土壌汚染対策工事について – 豊洲市場について

今後明らかになるモニタリング結果が最重要視されるのは当然なのですが、すでにこれほどまでの対策を行っている事実があるのにも関わらずずっと「土壌・地下水が汚染されている!」と主張し続けている仲卸業者をはじめとする移転反対派の強引な姿勢には疑問を感じています。結果が出て、汚染が改善されていることが判明したらどう弁解するのでしょうか。

そして、「築地でいいじゃないか」と頑なに築地市場に居座ることを求め、築地市場のリスクについては何も触れていません。

th_photo-89

小池知事は環境面から食の安心・安全を最優先したことは評価できますが、現在の築地市場が一体どうなのかも検討してほしかったです。築地市場の豊洲への移転は建物の老朽化が最大の理由となっています。場所を変えずに建て替える計画は現実的でないとの判断があったからこそ移転が決まったわけですし、築地市場に居続けるのは商品の正常な流通がいつストップしてもおかしくないリスクと隣合わせなんです。ここで大地震が起きて建物が崩れる可能性だってなくはないのですから、移転はやはり進めるべきと考えます。

食の安全を最優先したと言いましたが、実を言うと築地市場は衛生面が最悪だという指摘も多く聞かれます。あの活気のある昔ながらの雰囲気がいいのはとても理解できますが、世界の築地が不衛生だというのはあまり表に出てこない話で、むしろ隠蔽されているのかもしれません。これを改善できないのであれば、豊洲への移転を延期した「安全」という点で考えると、築地だって不衛生で安全ではないということです。

先の豊洲の調査ばかりを気にして、現状の築地はキレイでクリーンな土地だと思っている人が多いのかもしれません。築地市場の地質検査や衛生面の調査もしてみるべきでしょう。こういった話は進んでいないんでしょうか。

th_photo-205

また、豊洲市場の構造に欠陥がある、という点については移転反対派である建築専門家の偏った見方によるものでした。こちらの2つのまとめを見てもらえば判断できます。

→ 建築エコノミスト森山氏が豊洲市場の内部を視察した際に指摘した情報のまとめ

→ 鼓腹撃壌氏が移転反対派や森山氏の意見には疑問があるとして指摘した情報のまとめ

小池知事は豊洲への移転延期を決定しましたが、肝心な延期後の移転日については未定としています。豊洲市場で土壌や水質の有害物質が基準値を下回るなど、安全性が確認されてから決定する方針。

豊洲市場は営業していなくても1日につき700万円の費用がかかるそうで、延期によってリース設備などの保証金(場合によっては違約金)もかかるでしょう。この負担は都民に降り掛かってくるのですから、小池知事への批判は強まるものと見ています。また、延期の決定により、築地市場の跡地に建設が計画されている環状2号線が東京オリンピックの開催までに開通できないとの可能性が浮上していることも気になりますね。

th_photo-193

 

徹底的に対策し、豊洲市場を文句ない市場にしてほしい

ぶっちゃけて言うと、移転推進派と移転反対派の立場によって、どちらが正しいのか間違いなのか見方が変わってくるのが今回の移転問題です。どう判断しても否定的な声を受ける小池都知事にはぜひ多くの意見を聞いていただき、かつ強気の姿勢で今後の行動をしてもらいたいです。

移転延期が決まってもいろいろと問題は山積みですが、それならそれで徹底的にやってもらいたいと思います。小池都知事は都民・国民の疑問を払拭するためにも調査・対策をやってやってやりまくって、そのときは「ほれ、これでドヤ!」とドヤ顔で開場日を決めてほしい。良い市場にしようとする姿勢は誰からの批判も受けないでしょう。

そういえば、ゆりかもめが豊洲市場の開場100日カウントダウンを記念して発売した豊洲市場開場記念ゆりかもめ一日乗車券は移転日の延期によってレアアイテムになるかもしれませんね。いや、ならないか。。。
とよすとでは今後も豊洲市場の動向や最新情報をお伝えしていきたいと考えています。なお、写真はすべて2016年5月に撮影した際のものです。

→ 開場まで半年を切った「豊洲市場」、工事の様子を写真でレポート(2016年5月)