2020年の東京オリンピック・パラリンピック、江東区で予定されている会場

開催まで4年を切った2020年の東京オリンピック・パラリンピック。

江東区の臨海地域(有明、辰巳・夢の島、中央防波堤埋立地)で競技会場としてオリンピックで9会場、パラリンピックで6会場の使用が決まっています。こちらの会場です。

  • 有明アリーナ
  • 有明体操競技場
  • 有明BMXコース
  • 有明テニスの森
  • 海の森クロスカントリーコース
  • 海の森水上競技場
  • 夢の島公園
  • オリンピックアクアティクスセンター
  • 東京辰巳国際水泳場

th_%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-14-19-10-23

まだ中央防波堤埋立地が江東区の土地というわけではありませんが、江東区ではとりあえずここを区に含めています。

さて、ここからはちょっと個人的な意見を。

この会場そのものが変更となる可能性が出てきたことは日頃からニュースをよくご覧になっているみなさんはすでにご存知でしょう。東京以外の会場でも実施する可能性も浮上していますよね。

もしかしたら、この会場変更の可能性というのは、東京五輪開催中の輸送路として計画していた「環状2号線」の開通が築地市場の移転延期で当初計画のスケジュール通りいかなくなることを見込んでのプランBなのかもしれません。会場の費用がかかりすぎ、という理由はある種の隠れ蓑のような気がしてなりません。

築地市場の豊洲への移転延期は道路の計画を遅らせ、東京オリンピック・パラリンピックの会場変更をも余儀なくさせる事態になるとは。。。この先4年間のうちに何が起きても不思議じゃない気がしてきました(笑)東京五輪を密かに楽しみにしていた筆者としてはとても心配です。