肉のイチムラ、弁当の配達サービスを終了していた!オードブルはデリバリー継続

1948年(昭和23年)創業の豊洲で最も古い商店である「肉のイチムラ」は2017年12月末にお弁当の配送サービスを終えたことが明らかになりました。

イチムラは国産和牛を中心にプロの選んだお肉が並ぶ精肉店で、手づくりのお弁当も大人気商品。400円からというリーズナブルでかつ美味しいお弁当は地元の人やサラリーマンにも支持されています。

以前にとよすとで取り上げた600円の「メンチカツとカニクリームコロッケ弁当」や400円の「コロッケ弁当」も、非常に魅力的です♪

→ [豊洲ランチ] 400円から!肉のイチムラが販売するお弁当は味・ボリュームともに大満足

 

 

実は肉のイチムラでは1,500円以上の注文に限り、お弁当をお届けする配達サービスを実施していました。それが2017年12月末をもって配達サービスを終了。その背景にはやはり人手不足があるのかもしれません。

全国的にも飲食店はスタッフの確保が社会問題化していますが、出前などのデリバリーサービスについては配達もスタッフも委託できるUber EATS(ウーバーイーツ)を導入するなど新たな解決策もあります。

つい先日、筆者はUber EATSが利用できる牛タン屋さんで牛タン弁当をオーダーしたのですが、とても親切で利用しやすく、お届け時間がリアルタイムでわかるなど非常に便利でした。

肉のイチムラさんが外部の配達サービスを利用するかどうかはわかりませんが、きっとお弁当の配達需要はあるでしょうから、ぜひまた配達サービスを復活してほしいなと思いました。

なお、お弁当の配達は終了したものの、オードブルは引き続き配達可能。事前に予約すれば、3,000円以上で配達してもらえます。配達エリアは豊洲、東雲、有明、枝川周辺としています。

豊洲ではガソリンスタンドの「ENEOS 豊洲SS」(松田商店)が2017年12月末で閉店し、その理由に従業員不足を挙げていました。豊洲の人口が増える一方で昔ながらのお店で働く人が減っているこの状況をどうにか好転できたらいいなと思いますが、とよすとでは空き時間を見つけて各店の求人情報をまとめたいと考えています。本当は筆者がお店のスタッフとしてお手伝いをできたらいいのですが(^_^;)

→ 晴海通り沿いのガソリンスタンド「ENEOS 豊洲SS」(松田商店)が閉店へ