水陸両用バスのスカイダック、当日券で豊洲から乗車→東京テレポート下車可能!乗車と料金の支払い方法

水陸両用バスに乗って観光ができるスカイダックは2017年9月26日より豊洲駅と東京テレポート駅間の新ルート「スカイダック東京2017 お台場・豊洲・レインボーブリッジコース」の運行を開始します。

すべての便で東京テレポート駅前が発着場所となることは明らかにされていましたが、未定となっていた豊洲駅前の発着についてようやく正式発表がありましたので情報をお届けします!
(2017年9月24日にスカイダックの予約センターにて確認した情報を追加してまとめました)

 

運行ルート

日の丸自動車興業が発表した内容によると、東京テレポート駅前を出発した水陸両用バスは約20分後に豊洲駅前のバスロータリーに到着。豊洲からの希望者はここで乗車できます。

その後、新豊洲方面に向かい、東電堀で水中へ!東雲運河をクルーズしたあと再び東電堀から陸上にあがり、豊洲駅前へは行かずに東京テレポート駅前で全員が下車する形です。

※2017年11月更新。新たにレインボーブリッジを眺められるポイントが加わり、所要時間は80分(豊洲乗車の場合は60分)となりました。また、1日4本→3本へと変更。同時に、ダイヤも改正されました。

 

東京テレポート駅前 豊洲駅前 東京テレポート駅前
11:00 発 11:20 発 12:20 着
13:30 発 13:50 発 14:50 着
15:00 発 15:20 発 16:20 着

 

 

「スカイダック東京2017」の乗車方法(予約は不可)

スカイダックに乗る方法を解説します。まず、東京テレポート駅前からの乗車、豊洲駅前からの乗車、どちらも事前予約せずに直接現地で当日券を購入して乗車します。つまりは先着順での乗車となります。

(サイトにはWeb予約の表示がありますが、日の丸自動車興業に問い合わせたところ「スカイダック東京2017 お台場・豊洲・レインボーブリッジコース」のコースについてはWeb予約は実施しないと確認済み)

 

東京テレポート駅前で満席になった場合、豊洲駅前からは乗車できません。席に空きがある場合にのみ豊洲駅前から乗車できます。空席状況の確認方法は東京テレポート駅前を発車する30分前までに、つまり、豊洲駅発時刻の50分前までにスカイダックへ電話(TEL 03‐6457‐2700)して確認します

(例)
東京テレポート駅前11:00発→豊洲駅前11:20発→東京テレポート駅12:20着
・・・豊洲駅前から11:20に乗車したい場合、10:30までにスカイダックへ電話(TEL 03‐6457‐2700)して空席確認。

豊洲駅前での乗車場所はバスロータリーの4番のりば横です。

 

「お台場・豊洲・レインボーブリッジコース」の料金は豊洲乗車も同じ

大人3,500円
こども1,700円

当日券は乗車場所(東京テレポート駅前、豊洲駅前)で直接購入します。

料金は東京テレポート駅前、豊洲駅前、どちらから乗車しても同額(大人3,500円、こども1,700円)です。豊洲駅前からの乗車は乗車距離が短くなるにも関わらず同じ料金なのはちょっと残念ですね。

料金の支払い方法には現金もしくはクレジットカードの使用が可能です。クレジットカードはVISA、MasterCardはOK。ただし、JCBは使用不可。

 

【乗り場・チケットについて】

→ 水陸両用バス「スカイダック」、お台場(東京テレポート駅前)の乗り場・チケット販売場所

→ 豊洲〜お台場の水陸両用バス「スカイダック東京2017」、料金・時刻表・ルートが決定!9/26運行開始