豊洲駅、トランプ大統領の来日でコインロッカーを一時閉鎖へ

東京メトロはアメリカ大統領トランプ氏の来日に伴う警備の強化で、豊洲駅など多くの駅でコインロッカーの使用を一時的に停止します。

コインロッカーの閉鎖期間は2017年11月4日(土)〜11月8日(水)となっていますが、10月31日(火)より順次閉鎖していくとしており、注意が必要です。

コインロッカーに関しては、通常なら豊洲PITで開催のライブイベントに参加する人が豊洲駅のコインロッカーに荷物を預けるケースが多くみられるのですが、使用が禁止となる10月31日〜11月8日までは気をつけてください。なお、豊洲PITには十分な数のコインロッカーが設置されています。

→ 豊洲PITのコインロッカー台数がいつの間にか増え、荷物を預けやすくなった!

豊洲駅のほか、コインロッカーが閉鎖される豊洲近隣の駅としては東京駅、銀座駅、有楽町駅、日比谷駅、新木場駅、東陽町駅、八丁堀駅、門前仲町駅、新橋駅など、多くの駅が対象になっています。また、JR東日本や都営地下鉄も主要駅のほとんどでコインロッカーが使えなくなる予定。

爆弾テロなどもしもの場合がありますから、トランプ大統領だけでなく我々一般住民にとっても安心できる万全な警備をお願いしたいと思います。