大江戸温泉物語を割引特典で1,986円で利用♪豊洲・錦糸町〜無料バスもあって最高でした

万葉倶楽部が温浴施設を含む千客万来施設を豊洲市場にオープンさせるという話でしたが、すっかり白紙状態になっていますよね。。。豊洲にはこのまま温泉施設ができないと思っているのは筆者だけじゃないことでしょう。

そんななか、豊洲から最も近い温泉施設である「東京お台場 大江戸温泉物語」へ行ってきました。今までも何度か行ったことがありますが、所有しているクレジットカードの割引特典を初めて利用し、おトクに大江戸温泉物語を楽しめました!

せっかくなので、おトクになったレポートをお届けしたいと思います。特典って何気に知っていても、いざ行ったときに利用し忘れてしまうんですよね。。。(^_^;)

 

 

大人料金2,828円→1,986円になるカード特典!

例えば、豊洲にお住まいなら持っている人の多いららぽーとのクレジットカード「三井ショッピングパークカード《セゾン》」。セゾン系のカード特典として、なんと、大江戸温泉物語の大人料金が曜日に関係なく1,986円になるんです。土日祝日の通常料金は2,828円ですから約1,000円もおトクに。カード1枚で5名まで割引が適用でき、一緒に行った家族や友達も割引料金になりますよ!

 

豊洲のすぐお隣にもあるイオン東雲店などの「イオンカード」や、マルイの「エポスカード」にも大江戸温泉物語の割引特典があるので、意外と多くのクレジットカードに割引特典があるのかもしれませんね。いずれも割引料金は同じです。

 

 

無料のシャトルバス!豊洲〜大江戸温泉物語を運行中

もうひとつ!ぜんぜん気が付かなかったのですが、豊洲駅前と大江戸温泉物語を結ぶ無料の送迎バスが運行しているのを初めて知りました。「錦糸町・江東巡回バス」というのが豊洲にも停車するシャトルバスです。

今回、往路は豊洲駅からゆりかもめでテレコムセンター駅まで行ってしまったのですが、大江戸温泉物語に着いてから無料のシャトルバスの存在に気づき、復路は大江戸温泉物語から豊洲駅前までシャトルバスで帰ってきました。

シャトルバスは大江戸温泉物語の建物のすぐ左手、屋根の下がバス停になっています。列の一番左側が「錦糸町駅行」(豊洲にも停車)と書かれているので、こちらの列に並んで「錦糸町・江東巡回バス」を待ちます。

「錦糸町・江東巡回バス」は森下・錦糸町・住吉・東陽町・門前仲町・豊洲を巡回する無料のシャトルバス。1時間強で1周します。平日・土日祝日も運行し、店員は28名です。運行本数は1日に6本。巡回ルートは以下のとおりです。

大江戸温泉物語→豊洲(降車のみ)→門前仲町(降車のみ)→森下→錦糸町→住吉→東陽町→門前仲町→豊洲→大江戸温泉物語

 

なお、豊洲駅前から大江戸温泉物語行きのシャトルバスに乗車する場所はシエルタワー横です。

 

シャトルバスの時刻表はこちらを参考にしてみてください(2017年11月現在の情報)。

このほか、勝どき・八丁堀・東京駅のルートや、新宿南口とを結ぶルートの無料シャトルバスもあり、わりと気軽に大江戸温泉物語へ行けることを知りました!

 

 

豊洲住民は大江戸温泉物語を利用しやすいですね♪

温泉にゆっくり浸かって、縁日気分を楽しみながらお酒や食事を味わって、のんびり過ごしてきました。ほんと久しぶりだったのですが行って良かったです。

まぁ、飲んだり食べたりしていたら結局はふたりで7,000円近くかかってしまいましたけど、クレジットカードの特典で約2,000円(ふたり分)も安くなりましたし、無料のシャトルバスで豊洲からの帰りは楽できましたし、交通費もおトクになりコスパ的にも大満足!ぜひ、皆さんもお持ちの三井ショッピングパークカード《セゾン》やイオンカード、エポスカードの割引特典をうまく活かしてみてくださいね♪

なお、豊洲付近には駅から徒歩圏内に銭湯の「白山湯」、シャワーを利用できるネットカフェ「アプレシオ」があります。

→ 豊洲駅から徒歩10分の銭湯「白山湯」に行ってみた!人工炭酸温泉が有名で、24時まで営業

→ ららぽーと豊洲のネットカフェ・アプレシオはシャワー完備・24時間営業