豊洲野音CARNIVAL 2015秋、タイムテーブルと場所・持ち込む物に注意

2015-09-28_1459

2015年10月31日(土)・11月1日(日)の2日間、「豊洲野音 CARNIVAL ~InterFM897 開局記念~」が新豊洲駅前で開催となります。

 

開催場所について

会場の場所はゆりかもめの新豊洲駅から徒歩30秒の「豊洲野外音楽広場」となっていますが、実際には新豊洲に豊洲野外音楽広場なんてものは実在しません。

この場所は以前に「豊洲アスレチックパーク UGOKAS (ウゴカス)」や「SASUKE PARK in 豊洲(サスケパーク)」を開催したのと同じ、東京都江東区豊洲6-9-1にあるイベント用地。豊洲野音ではここを特設会場として「豊洲野外音楽広場」にするわけです。

ですので、Googleマップで「豊洲野外音楽広場」で検索しても出てきませんのでご注意ください。
ちなみに、場所としては本当に新豊洲駅のすぐ斜め前の場所となっていますから、駅に着けばわかると思います!

オススメのアクセス方法は、有楽町線で豊洲駅まで来て、豊洲駅から新豊洲まで歩く(徒歩15分)方法。ゆりかもめに乗って新豊洲駅まで行くと、豊洲駅での乗り換えせずに済んで面倒臭くないですし、お金もかかります。


一応、UGOKAS (ウゴカス)が開催されたときの写真を貼っておきますね。実際にこの場所が豊洲野音の「豊洲野外音楽広場」になります。

th_IMG_3363

 

【関連】 水着でビショ濡れ!新豊洲「ウゴカス」で120mのハイドロスライダーを先行体験

 

 

チケット料金について

チケットの料金は1日券が7,000円、2日券が13,000円となっています。会場で別途1ドリンク500円が必要。

 

持ち物と持ち込み禁止の物について

会場内には有料のクロークも用意。ただ、お隣の有楽町線・豊洲駅にはコインロッカーがありますから、有楽町線で豊洲まで来て、新豊洲まで歩いて行く人は豊洲駅のコインロッカーに荷物を預けるのが賢明かもしれません。

また、持ち込み禁止の物を挙げておきますと、ドリンク、フード類、酒類、テント、タープ、傘、パラソル、クーラーボックス、危険物、ペンライト、レーザーポインター等の持ち込みは禁止されています。写真撮影に関してはアーティストにカメラを向けての撮影は禁止(観客側を向けて客を撮るならOKのようです)。もちろん、録音はダメ。

 

出演アーティストと日程

めちゃくちゃ盛り上がること間違いなしの豊洲野音。出場アーティストのタイムテーブル(日別)一覧を記載しておきますので参考にどうぞ。(情報は9月28日現在)

10月31日(土)
スキマスイッチ / THE King ALL STARS / LOVE PSYCHEDELICO~Premium Acoustic Set~ / Def Tech / 七尾旅人 / 佐藤タイジ×堂珍嘉邦 / 大宮エリー / JOHNSONS MOTORCAR / 椿 鬼奴 / BLACK BOTTOM BRASS BAND / GOCOO / NakamuraEmi /
【パフォーマンス】
~Halloween Night Session~ 灯- AKARI -×トライバルベリーダンスCamew / ちんどんCARNIVAL宣伝隊 / 湘南なぎさ連 / RISO /

11月1日(日)
佐野元春 and The Hobo King Band / 藤井フミヤ / Polaris / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / Caravan / Rickie-G / Czecho No Republic / GAKU-MC / bird / DACHAMBO / 小林太郎 / 植田真梨恵 /
【パフォーマンス】
~豪火絢爛 Performance Night~ファイアーパフォーマンス 灯 – AKARI – / バグバイプブラストス / 西馬音内盆踊り / エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ /

心配なのがゴミの処理。普段は何もない場所ですし、イベントが終わるたびに更地に戻している場所なので、今後利用する人のためにも絶対にゴミを放置したりポイ捨てしないようにしましょう!