オープン初日!新豊洲「チームラボ プラネッツ TOKYO DMMcom」、初回の行列をレポート

2018年7月7日(土)の18時、ついにオープンしました「teamLab Planets TOKYO DMM.com(チームラボプラネッツ東京ディーエムエムドットコム)」!

2016年にお台場で開催された「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が大きくスケールアップして新豊洲に復活したのがこの「teamLab Planets TOKYO DMM.com」なんですが、やまぴーこと山下智久さんとローラさん、そして、北野武さんが出演するテレビCMで知った方も多いのではないでしょうか。

InstagramにアップされたCM動画内で北野武さんが「プラネッツが蘇る」「2年前よりすごいな!」と言っているように、お台場と同じ作品もあるものの新作の展示や展示規模の拡大など、2年前にお台場で体験したことのある人でもさらに楽しめる内容になっています。

 

→ 山下智久さんがCM出演の「チームラボ プラネッツ TOKYO DMMcom」、登場シーンとその作品名を調べました

 

 

オープン初日、入場を待つお客さんで行列が

そんなチームラボ プラネッツのオープン初日を迎えた7月7日、初回である18時には早くチームラボ プラネッツを体験したいと多くのお客さんが来場。敷地の外にまで列が伸びていました。

ただ、チームラボ プラネッツは30分ごとに入場できる時間指定制のチケットになっているため特に大きな混乱はなく、みなさんスムーズに入場している様子でした!

(オープン初日の様子。7月7日写真追加)

多くの方は事前にWebの公式チケットストアで前売券を買っていた人のようです。

→ チケットの詳細と会場へのアクセス方法・営業時間・休館日まとめ

 

 

会場では当日分のチケットが別在庫で販売しています

入場ゲートの左隣には券売機があり、その場で入場券を購入できます。「当日券と前売券は別の在庫になっています」(プラネッツスタッフ)とのこと。つまり、事前に前売券が完売してしまっても会場に来れば当日券で入場できるチャンスがあります。

その場で当日券を買っているお客さんもチラチラいらっしゃいましたよ。

また、券売機では当日券だけでなく、未来の日付のチケットも買えます。要するに、チームラボ プラネッツを楽しんだその帰りに、「また来たいね」という話になったら、チケットをその場で買えちゃうというわけ。素晴らしいなぁ!

→ 混雑必至。行列を避ける穴場の時間と優先列チケットの活用法

 

無料の駐輪場も完備し、自転車でふらっと来ても大丈夫!

深夜1時まで営業しているteamLab Planets TOKYO DMM.com。ふと急に不思議な体験をしたくなったら勢いで来ても大丈夫ですから、ぜひ豊洲へいらしてください!

 

 

チケットの詳細ほか、さまざまなアドバイスはこちら

前売券はWebサイトの「チームラボ プラネッツ TOKYO チケットストア」から購入可能。また、失敗しないためにも、来場前にこちらの注意事項をぜひ一読しておくとさらに楽しめますよ。

→ 基本は裸足!オススメの服装は?濡れる&鏡の作品あり

→ 【内覧レポート】豊洲に!「チームラボプラネッツTOKYO DMM.com」、猪子氏から住民にメッセージ!