豊洲「夏の船カフェ2018」を東電堀で開催へ!運河クルーズや水陸両用バス、屋台グルメも

今年も豊洲の好例イベント、船カフェのシーズンがやってきましたね。船上のカフェや運河クルーズを楽しんだり、湾岸の雰囲気のなかでアルコールや各種屋台料理をいただいたりと、水辺ならではのイベント「夏の船カフェ2018」が開催となります!

日程は2018年6月23日(土)~6月24日(日)の2日間、時間は11時~16時。主催は豊洲地区運河ルネサンス協議会です。(記事内の写真は同じく東電堀で開催の「豊洲水彩まつり2017」のもの)

 

場所は去年まで芝浦工業大学豊洲キャンパス横で開催していましたが、今年から東電堀(東雲運河)になります。豊洲六丁目第二公園のところですね。

 

 

海辺の祭りを盛り上げる各種屋台

「キャナルカフェ」では海鮮焼き、フランクフルト、ワッフル、ハッシュドポテトといった屋台メニューや、アルコール飲料やソフトドリンク等を販売する模擬店が両日出店。豊洲蜂蜜を使ったカクテルも登場しますよ!また、どじょうすくいなど、子供向けの屋台イベントもあります!

 

船カフェの利用は23日(土)のみ

係留した船の中に入れる「船カフェ」は6月23日(土)のみ実施。時間は11時〜16時。深川冨士見の屋形船では船内でお茶をいただけます。

 

ロボットがガイド!運河クルーズは合計5便

「運河クルーズ」は6月24日(日)のみ実施。屋形船で豊洲を一周できます。時間は①11時〜、②12時〜、③13時〜、④14時〜、⑤15時〜の計5便。乗船時間は約45分。各便の店員は70名です。今回は屋形船となります。

チケットの料金は1席1,000円(ドリンク付き)。1名で5枚までまとめて購入可能(ひざ上のお子様は無料)。合計芝浦工業大学の学生、ロボットのペコちゃんがガイドしながらクルージングを楽しめます。英語でのガイドもあり。

【運河クルーズ】
■期間:6月24日(日)
■乗船時間:11時/12時/13時/14時/15時(所用時間 各45分)
■料金:1名1,000円(ひざ上のお子様は無料)
■チケット発売:10時〜(当日券のみ)
■場所:東電堀

 

水陸両用バス・スカイダックが特別運行します

 

「水陸両用バス」は6月24日(日)のみ実施。この日だけの特別コースを運行。運行時刻は11時10分〜、12時10分〜、13時10分〜、14時10分〜、15時10分〜の計5便。乗船時間は約40分。料金は1人1,500円。店員は各40名です。

【水陸両用バス スカイダック】
■期間:6月24日(日)
■乗船時間:11時10分/12時10分/13時10分/14時10分(所用時間 各40分)
■料金:1名1,500円
■チケット発売:10時〜(当日券のみ)
■場所:東電堀

 

「水陸両用バス」と「運河クルーズ」のチケットは当日の10時より販売開始。10時の販売開始前から大行列ができると思いますが、水陸両用バスや運河クルーズを楽しみたい方は早めに来場するようにしましょう。

ちょっとお天気が心配ですね。晴れ間を見つけて、ぜひ船カフェを楽しんでください!

 

イベント概要

夏の船カフェ2018
期間:2018年6月23日(土)〜6月24日(日)
時間:11時〜16時
料金:無料(フード、ドリンク等は有料)
場所:東電堀(豊洲6丁目第2公園横)

 

なお、2017年に開催された「夏の船カフェ2017」の様子(芝浦工業大学豊洲キャンパス裏での開催)はこちら