【ららぽーと豊洲】アール・ドゥ・パンが閉店し、ベーカリー・カフェ「ドンク」がオープンへ

アーバンドックららぽーと豊洲の1階で営業していたパン屋&カフェの「アール・ドゥ・パン」が2017年6月12日(月)で閉店。店内を改装し、新たに同じ株式会社ドンクが展開するベーカリー・カフェ「ドンク ららぽーと豊洲店」が6月22日(木)にオープンとなります。

ドンクは明治時代から続く創業110年の老舗パン屋。焼き立てパンの提供やカフェとして利用できる店舗の営業を行っています。以前のアール・ドゥ・パンとどのように変わるのか、今から楽しみですね!

ドンク ららぽーと豊洲店では6月22日(木)のオープンを記念して、10時より「お楽しみ袋」の販売を行います。

お楽しみ袋の中身はパネトーネ(大1/4サイズ)、ヘルシーロール4個入り、フワッとシフォン(バニラ)、マドレーヌ5個入り、ラミ・デュ・プレ ストロベリージャム、ラミ・デュ・プレ コーンクリームスープが入っています。お楽しみ袋の価格は税込みで1,080円!けっこうおトクなのではないでしょうか。

6月22日(木)〜25日(日)までは日替わり商品をサービス価格で販売するのも見逃せません。

そして、25日(日)までの期間中540円以上の買い物をすると、ドンクオリジナルキッチンクロスを毎日先着50名にプレゼント。

さらには、同期間にカフェコーナーでスクルートセットを注文するとプチデザートのコーヒーゼリーが無料になるので、ぜひカフェも利用したいですね!

また、アール・ドゥ・パンの閉店とドンクの開店に向けた工事に伴い、アール・ドゥ・パン横でミニクロワッサンなどを販売していた同社の「ミニワン」が一時休業。新店舗のドンクが営業を開始する6月22日(木)より営業を再開します。

ということで、オープンする6月22日(木)にはドンクとミニワンにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。