豊洲駅前のコインパーキング、第2はリニューアルへ。閉鎖した第1はマンションのモデルルームに

東急ライフィアが運営管理する豊洲駅前の時間貸し駐車場「豊洲駅前第1コインパーキング」と「豊洲駅前第2コインパーキング」では、2018年3月23日から工事が行われています。

この日を境に、「豊洲駅前第1コインパーキング」は閉鎖。駐車場としての役目を終えました。豊洲小学校よりの方です。


一方、並んで営業している「豊洲駅前第2コインパーキング」は3月30日まで工事を行い、その後は再びコインパーキングとしてのサービスを再開するもようです。

もともと昭和大学江東豊洲病院のあった場所で(現在は豊洲5丁目に移転)、時間貸し駐車場としての運営は一時的なものと予想できましたが、閉鎖となった「豊洲駅前第1コインパーキング」の跡地が今後になるのかが気になります!

 

【追記/訂正 2018年4月3日】

当初、追記で

「豊洲駅前第1コインパーキング」の跡地は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産が豊洲5丁目に建設を進めている地上50階建タワーマンション「豊洲地区1-1街区開発計画」のモデルルームとなるそうです。

と、表記していましたが、別のマンションのモデルルームであることが確定しました。訂正してお詫び申し上げます。