【検証】豊洲〜秋葉原がほんとうに所要時間18分になったのか、実際に乗ってみた!地上部は90秒

東京メトロは2018年3月17日より、有楽町線の「新富町駅」と日比谷線の「築地駅」を新たに乗換駅として設定しました。

この乗り換え駅を利用することにより、豊洲駅から秋葉原駅間の所要時間が最短18分になるという発表が東京メトロからあり、当サイトで紹介したところ大きな反響がありました。移動時間が10分ほども短縮され、大歓喜!

→ 秋葉原〜豊洲がわずか18分に短縮!運賃は195円!東京メトロが乗換駅を設定へ

 

そこで、今回は実際に東京メトロに乗車し、豊洲駅〜秋葉原駅を移動した様子をレポートしたいと思います。

 

 

乗り換え駅は新たにどう変わったのか

その前におさらい。これまで有楽町駅で一旦降り、日比谷駅で日比谷線へと乗り換えるときには地下通路を通りましたよね。

【旧】豊洲→有楽町→(地下 徒歩)→日比谷→秋葉原

 

一方、新富町駅で降りて築地駅から日比谷線に乗り換える場合は地上を歩くことになります。

【新】豊洲→新富町→(地上 徒歩)→築地→秋葉原

 

はたして、乗り換えやすさはどうか。地上へ上がることで面倒臭くはないか。実際に利用した様子をお伝えします!

 

 

検証ルートと各場所でのレポート

午前9時11分、豊洲発の有楽町線からスタートです!

9:11 豊洲駅から乗車しました。2駅めが新富町駅です。(乗車位置は7号車がちょうどいい)

9:16 新富町駅に到着。

(新富町駅の改札時で5分半が経過)

9:17 明石町方面改札から出ます。出口4へ(エスカレーターは歩かず)。

9:19 新富町駅の出口4から地上に出ました。歩道を歩き、150m先が日比谷線・築地駅です。途中、ファミリーマートがあります。

(新富町駅の出口外。すでに奥には築地駅が見えています)

 

9:20 築地駅の4番出口に。ここから築地駅へ入ります。新富町の出口からここまで約90秒で到着しました。
(4番出口が秋葉原・北千住方面行きです。逆に、六本木・恵比寿方面行きは道路を反対側へ渡って3番出口となります)

(秋葉原・北千住方面行きの日比谷線に乗れる築地駅の4番出口)

9:21 改札通過。4番出口は階段を降りた目の前が駅の改札およびホームになってて乗りやすいです。

9:22 築地駅から日比谷線北千住行きに乗車。ここから5駅めが秋葉原駅です。

9:31 秋葉原駅到着

 

9:32 JR秋葉原駅方面改札に到着

 

 

まとめ

新富町から築地での乗り換えの際、地上を歩いている時間は約90秒(1分30秒)。地上に上がった途端に築地駅の出口が視界に入っているので、気持ち的にも短く感じます。

上記のダイヤでは9時16分に有楽町線を降りてから、9時22分発の日比谷線に乗れました。つまり、乗り換え時間は6分。撮影しながらでも間に合いましたし、豊洲から乗る際に新富町の改札に近い場所に停まる車両に乗るようにすれば、問題なく間に合うと思います。

雨の際には地上だと濡れちゃうので大変ですが、約90秒歩く程度ですし苦にはなりません。ただ、秋葉原や北千住とは逆の、六本木・恵比寿方面行きの日比谷線に乗る際には、道路を渡ったところにある出口3から築地駅に入る必要があるので、2〜3分ほどは余裕を持っていた方がいいでしょう。

ということで、検証の結果、最短時間に近い20分で豊洲から秋葉原まで行くことができました!新富町〜築地乗り換え、ぜひ利用してみてください!

 

→ 秋葉原〜豊洲がわずか18分に短縮!運賃は195円!東京メトロが乗換駅を設定へ