S-TRAIN(エストレイン)、豊洲と所沢をつなぐ指定席列車に乗ってみた!

2017年3月27日から西武池袋線・所沢駅〜有楽町線・豊洲駅の区間で運行がスタートした指定席列車「S-TRAIN(エストレイン)」。月曜日から金曜日まで平日のみ運行し、朝夕の通勤客をメインターゲットにした列車です。

エストレインの始発は所沢駅を6時24分に出発する列車です。所沢〜豊洲間での運行初日を迎えた27日、さっそくエストレインの始発で豊洲駅まで乗車してみましたので、乗ってみた感想などをレポートしたいと思います。これに乗るため朝4時半に起きて豊洲から所沢まで行ったのはここだけの話です(笑)

 

なお、エストレインの西武秩父駅から元町・中華街駅のルート(土日祝のみ運行)についてはすでに25日から運行を開始していますよ。

 

 

エストレインの乗り方・指定券の購入方法

エストレインは乗車の際に座席指定券が必要な列車で、PASMOや乗車券の通常運賃のほか、指定券料金が別途必要になります。指定席の料金は大人510円(小児は260円)。指定券はインターネットで事前に予約購入しておくか、駅に設置されたエストレイン用の指定券販売機で購入してから乗車します(JR東海道線・高崎線等のグリーン券に近いイメージ)。ちなみに、販売機で購入できるはエストレインの発車時刻の1分前まで(豊洲駅の例)。

指定券には座席が記されているので、乗車後はその席に座ることになります。エストレインの車内では車掌さんが巡回しながら、乗客と座席をチェックします。しかし、筆者も含めて同じ車両のお客さんはしっかり指定された席に座っていたためか、車掌から指定券を見せるよう声を掛けられている人はいませんでした。誤った席に座らなければ、特に声をかけられることはなさそうです。

ただ、いつ確認を要求されてもいいように指定券は提示できる準備はしておきましょう。ネットの「西武鉄道 チケットレスサービス Smooz」で購入した場合には画面を見せるよう言われるはずなので、会員IDやパスワードは覚えておき、サイトへすぐにアクセスできるようにしておくと良いと思います。

「西武鉄道 チケットレスサービス Smooz」での購入方法はすでに別記事でお伝えしていますので、良かったら参考までにご覧ください。

→ S-TRAIN(エストレイン)の指定席券をネットで予約・購入する方法

 

 

乗車できる駅と降車できる駅が異なるので注意

運行がスタートしたばかりとあって、エストレインの乗車駅と降車駅が別になっている点はまだまだ周知されていません。

実は豊洲行きのエストレインの場合、途中の有楽町駅は降車専用駅となり、乗車することはできないのですが、朝の通勤ラッシュ時とあって駆け込み乗車しようとした人が何人もいました。駅員は「当駅からはご乗車にはなれません!」と何度もアナウンス。今後もしばらくはこのような事態に遭遇しそうですね。

所沢駅→豊洲駅、豊洲駅→所沢駅、それぞれの乗車駅・降車駅は以下のとおりです。

【所沢→豊洲】
(西武鉄道池袋線・西武有楽町線・東京メトロ有楽町線)

所沢 保谷 石神井公園 飯田橋 有楽町 豊洲
S-TRAIN 102号 6:24 6:37 6:42 7:06 7:16 7:24
S-TRAIN 104号 15:18 15:28 15:33 16:00 16:10 16:18
S-TRAIN 106号 18:20 18:32 18:38 19:04 19:14 19:22
S-TRAIN 108号 21:20 21:31 21:37 22:02 22:11 22:19

 

【豊洲→所沢】
(東京メトロ有楽町線・西武有楽町線・西武鉄道池袋線)

豊洲 有楽町 飯田橋 石神井公園 保谷 所沢
S-TRAIN 101号 17:00 17:08 17:18 17:43 17:47 18:00
S-TRAIN 103号 20:00 20:07 20:16 20:41 20:46 20:58
S-TRAIN 105号 23:00 23:07 23:16 23:43 23:48 0:01

 

 

座席が確保されている安心感

話が前後しますが、乗車したら指定された自席を探すことになるのですが、最初どこに座席番号が記されているのかまったく気づかずに、ウロウロ探してしまいました。

座席番号は荷物棚に表記されています。文字の色が手すりのシルバーに馴染んでしまっていて見づらいですね。。。

とはいえ、混雑していても100%座れるのは非常に助かります。指定席を購入した特権ですね。
シートの座り心地は程良い硬さ。エストレインの席は回転して4人用のボックスシートへと変形可能です。完全固定ではないため、隣席のお客さんが体を動かすたびに席がカタカタと揺れるのが気になりました。

ただ、団体で利用する際には席を回して4人掛けのボックスシートすると楽しく移動できて良さそうです。

ロングシートタイプの指定席もあります。

 

 

フリーWi-Fiと電源コンセントを完備

新幹線や特急列車で徐々に標準化されつつある車内Wi-Fiと自由に使える電源コンセントですが、エストレインにも搭載されています。

Wi-Fiはメールアドレスを登録することで一定時間使えるタイプのもの。

実行速度は下り8Mbps程度で、通常のネット閲覧やSNSではまったく困ることのない十分な速さです。試しにYouTubeで動画を1080p/60fpsの高画質で視聴してもスムーズに最後まで楽しめました。途中、地下に入ると池袋付近でWANとなる電波がない区間があるのか、一部で不通となる場面がありましたが、それ以外では快適にネットを利用できました。

エストレインの電源コンセントは各席の窓側に設置されています。通路側にはないのでご注意下さい。持参した電源アダプターを挿せば、パソコンやスマホを充電しながら移動できるのはありがたいですね!

 

 

エストレインは快適に通勤・帰宅できるサラリーマンの味方!

車内には天気予報などを表示するディスプレイが多数設置されていて、情報を得ながら通勤・帰宅が可能です。朝は所沢方面から有楽町・飯田橋・豊洲へと通勤する人の利用が多そうですね。一方で、仕事終わりの帰宅時間には豊洲方面から所沢へと帰る人の利用が想定されます。筆者の乗った始発列車の1号車は乗車率50%といった様子でした。

大人510円(小児は260円)という指定席の料金が高いと見るか安いと見るかは個人差がありますが、ラッシュ時に座って移動できる快適さを考えたら疲れたときにはちょっと贅沢してエストレインを利用してもいいのではないでしょうか♪また、妊娠中の女性やケガ・病気の方にとっも非常に役立つ列車だと思います!

→ 有楽町線・西武線の指定席列車「S-TRAIN」、停車駅と料金を解説!通勤に便利な電源・Wi-Fiつき

 

→  S-TRAINの指定席券をネットで予約・購入する方法