水陸両用バス「スカイダック」、お台場(東京テレポート駅前)の乗り場・チケット販売場所

お台場と豊洲をルートとする水陸両用バス「スカイダック東京2017」の運行が2017年9月26日にスタートしました!

しかし、スカイダックの公式サイトを見てみると、お台場での乗り場は“りんかい線・東京テレポート駅前”と指定されているものの、公式サイトにはどこを見てもチケット売り場具体的な乗車場所が掲載されておらず(2017年9月26日現在)、初めてスカイダックに乗る人にとっては凄まじくわかりづらい、というのが筆者の第一印象です。

利用する側の立場にたってサイト造りをしてもらいたいと思いつつ、とよすとでは実際に東京テレポート駅前の乗り場に足を運び、どこでスカイダックのチケットを買うのか、どこで水陸両用バスを待っていたらいいのか、を調べてきました(^^)

 

「スカイダック東京2017」のチケット売り場は駅前の観光案内所内

今まで知らなかったのですが、東京テレポート駅前(地上出口B)には2016年からお台場観光案内所「お台場SKYツーリストインフォメーション」が設置されていて、水陸両用バス「スカイダック東京2017」のチケットはこちらで購入します。

 

これ、公式サイトに絶対書いておいてほしいですよね。。。

チケット料金は大人3,500円・子ども1,700円です。
現金のほかクレジットカード(VISA、MasterCardのみ)の支払いにも対応しています。

 

乗り場は他のバス同様にバスロータリーから

それでは水陸両用バス「スカイダック東京2017」の乗り場を解説します。スカイダック東京2017は都営バスや観光バス、タクシーなどの乗降場所となっている東京テレポート駅前ロータリーで乗車・降車します。

 

具体的なバス停の場所は「スカイバス」や「お台場 大江戸温泉物型」のバスと同じ乗り場。たくさんのバス標識が立っているのですぐにわかるでしょう。

 

チケットを販売している観光案内所のすぐ目の前ですので、バスに乗る前にチケットを忘れずに購入しておきましょう。

 

お台場観光案内所、カフェや電源コンセントもあり

スカイダック東京2017のチケットを販売している観光案内所「お台場SKYツーリストインフォメーション」ですが、せっかくですのでもう少し詳しく解説しておきますね。

 

お台場や江東区の観光案内所としての機能を持つ施設ですので、さまざまな観光パンフレットや近日開催のイベント等の案内があります。江東区のキャラクター・コトミちゃんのイラストなどを貼って可愛らしい!

外国人観光客に便利な外貨の両替も可能。USドル、中国元、韓国ウォン、台湾ドルなど9通過の両替ができます。コインロッカーもあります。荷物を置いてお台場観光ができますね!

また、隣にはカフェを併設していて、多数のコーヒーメニューやスイーツ、軽食等の販売を行っています。

座席は休憩・待合所と兼用で、たとえカフェが定休日(火曜日)でも無料で利用可能。ちょうど訪れたのがカフェの定休日でしたが、このように休憩・待合スペースとして席が利用できるようになっていました。

しかも、席の下には無料のWi-Fiや自由に使える電源コンセントも完備しています。スマホやPCの充電場所としても便利そうですね!

早めにお台場に来たら、お台場観光案内所「お台場SKYツーリストインフォメーション」でスカイダックのチケットを買って、バスが来るまでカフェで休憩するのがいいのではないでしょうか(^^)

なお、運行開始記念のキャンペーンとしてお台場観光案内所ではスカイダック東京2017の運賃が200円安くなる割引券を配布していますので、カウンターにてお問い合わせください(1枚で2名まで利用可。2017年12月31日まで)。


【お台場観光案内所「お台場SKYツーリストインフォメーション」】
■各営業時間:
観光案内所・・・・10時〜18時(定休日:なし)
カフェ・・・・・・10時〜21時(定休日:火曜日)
休憩・待合所・・・10時〜21時(火曜日は10時〜18時)
■住所:東京都江東区青海1-2-1 りんかい線東京テレポート駅前ロータリー

 

→  水陸両用バスのスカイダック、当日券で豊洲から乗車→東京テレポート下車可能!乗車と料金の支払い方法

→ 豊洲〜お台場の水陸両用バス「スカイダック東京2017」、料金・時刻表・ルートが決定!